BLOG

間質性膀胱炎は難病なのか

2018年11月26日 月曜日

間質性膀胱炎と診断された方は毎日のつらい症状に加えて、治りにくい病気と知って不安の中におられると思います。

 

私の意見が正解とは言いませんが、ひとつの可能性としてぜひお読みいただき、今後の治療に生かしていただければと思います。

 

これまでのブログや本文にも書いてきましたので、ここでは詳しく説明しませんが、間質性膀胱炎の症状は自律神経の異常と血流不足、そこから生じるホルモン分泌異常から起きている可能性があります。

 

つまり膀胱に炎症があると検査の後言われたとしても、本当は膀胱には問題がないという可能性があることを私は発信しています。膀胱にカメラを入れて異常があると医師に言われれば、それ以外あり得ないと思うのは普通でしょうし、疑う必要はないと思われるでしょう。しかし病院治療で改善しないのであれば、もう一度頭をリセットして、実は膀胱には問題はなく、別のところに異常があるのかもしれない、という私の意見に耳を傾けてみてください。

 

なぜならそこから改善が始まるかもしれません。私はそのような方が一人でもいることを願って情報を発信しています。

 

ただ自律神経が異常になっていて、血流不足になっていて、ホルモンの分泌が崩れていたとして、そのために症状が出ていると本当に信じられるためには、それらを改善して症状が小さくなっていく体験をするしかありません。

 

実は自律神経の崩れは小さなものではないと思われます。血流不足も簡単に治るものではないと思われます。そのため、実感が伴わない期間に、やっぱり違うと思って血流の改善や自律神経の改善を止めてしまう人が多くいます。

 

お医者さんの中には膀胱に問題があるのでなく、自律神経と脳の問題だと考える人もいます。しかし治療方法が精神薬になってしまいます。それでは完治は難しいと私は思っています。必ず、体質を変える何かをしなくてはなりません。食事の改善、適度な運動だけでは改善しない人がほとんどです。何か強い力で状況を変える必要があります。

 

血流を改善するのも自律神経を整えるのも徹底的に行わなければなりません。それを指導できる病院や治療院はほとんどないと私は思っています。ほとんどの自然療法や東洋医学は血流や自律神経によい作用が期待できます。

 

しかし私の体験上、普通の治療、療法では間に合いません。光線療法の全身照射を徹底して行うことで、改善が期待できると私は思っています。なぜ光線療法なのかについては別の記事をぜひお読みください。

 

仮に膀胱に炎症や傷があったとしても自然治癒力で治らないのはおかしいのです。何かが狂っているか、余計なことをしているかのどちらか、もしくは両方です。

 

また光線療法は基礎工事のようなもので、その他の努力も必要になってきます。食事、運動、ストレスへの対処などです。これらを指導させていただくに当たって、私は研究を重ねました。脳が緊張状態にある時に有効であるものと有効でないものをしっかりと判断し、無理なく改善が進むようにアドバイスしていく必要があります。

 

間質性膀胱炎と診断され、病院治療を繰り返しても改善せず、不安の最中におられる方、慢性膀胱炎の症状で悩み、自然療法で治癒を目指したいと思っている方、ぜひお気軽にご相談ください。病院治療を続けながら自然療法(光線療法)はすることができます。当院に来られる方はみなさんそのようにして始められ、体を温めること、ストレスを手放し心が安らかになることで症状が和らぐ経験をし、不安の波から抜け出しています。この病気になったとしても恐れる必要はありません。治っている人がたくさんいるのですから。

PROFILE

筆者紹介

小池 秀効

小池 秀効 [ Shuko Koike ]

今現在、さまざまな病気で苦しみ、ようやくの思いで命をつないでいる方に、自分の持つ自然治癒力を信じ、必ず良くなるという強い気持ちで、治癒への道を歩んで頂きたい。その一念で、光線療法院けろぴーは始まりました。

光 線療法とは、太陽光線を人工的に作り出す光線機によって天候、季節を問わず太陽光を浴びることで、人体の自然治癒力を最大限に高める療法です。私自身が、 この光線機のおかげで絶望の淵から蘇ることができました。病状によって一人一人たどる道は異なっていても、自らの経験を通し一人でも多くの方のお役に立つ ことができれば、と心から願っています。

「光線療法院 けろぴー」代表、光線療法師、回復トレーナー

私自身が、絶望の淵から蘇ることができました。病状によって一人一人たどる道は異なっていても、自らの経験を通し一人でも多くの方のお役に立つことができれば、と心から願っています。小池奈美(女性療法士)が女性の方はお世話いたします。

光線療法院 けろぴー

光線療法院 けろぴー [ 田園調布 ]

「光線療法院 けろぴー」へのアクセスはとっても簡単。東急東横線/東急目黒線 「田園調布駅」東口を出て、右手に見える田園調布商店街の坂をまっすぐ下ったその先にあります。閑静な住宅街でリラックスしながら光線治療が受けれます。

ホームページ:http://keropi.tokyo

住所:〒145-0071 東京都大田区田園調布2-47-13(地図:Google Map) / TEL:080-5185-5100

CONTACT

お問い合わせ

当サイトの運営元「光線療法院 けろぴー」へのお問い合わせはこちらから