BLOG

紫外線を避け過ぎてはいけません

2016年06月30日 木曜日

この季節は紫外線がたいへん強くなります。それでも晴れの日であれば15分の日光浴が健康には最適と言われています。しかし、それはしっかり肌を出して体を日光にさらした状態でのことであり、顔や手だけではありません。

場合によって顔は日焼け止めやファンデーションで紫外線をブロックし暑くても長袖を身に付けて外出している人が多くいます。

美容のためなのかもしれませんが、それでは健康に必要な日光浴はできません。健康を維持して行くためには最低限の日光浴が必要なのです。植物や動物はそれをわかっていて、人間はそれがわからなくなっているのです。

日光浴不足が病気を作るというのは世界中の専門機関で実証されつつあることです。完全に解明されるにはまだ時間が掛かると思いますが、それを待っていてはいけないのです。私は日光浴不足と現代病は大きな関連があると思っています。

例えば乳がんや前立腺がんが急速に増えてきました。その原因のひとつが日光浴不足である可能性があります。なぜなら、日光浴により、脳や副腎から必要なホルモンが分泌され、健康が維持されるからです。それは主に視床下部というところが光を感知することで働き始めるのです。

また、ビタミンDは日光浴によって体内で作られます。これが不足することで自律神経がおかしくなり、免疫力が落ちて、ホルモン分泌にも異常が出るということがわかってきたのです。特に性ホルモンへの影響が考えられています。女性であれば乳がんや子宮、卵巣の病気、男性であれば前立腺や睾丸などの病気が増えてきている一因ではないかと思われています。

これらの性ホルモン系の病気は食べ物の偏り、化学物質の摂取、ストレスなども原因であると考えられています。しかし、それと同じように日光浴の必要性は論じられるべきであるのに、世間的に軽視されてしまっているのです。

また、肌を紫外線に露出することを避けている人より、ある程度日光浴をしている人の方が美しくなる可能性があります。それはホルモンの分泌による作用です。肌を隠すのは紫外線によるダメージが怖くてしていると思いますが、女性ホルモンは枯渇していくことが考えられます。その結果、女性らしい体のラインや、肌のはり、つや、魅力的な雰囲気を出すフェロモンの低下などが生じる可能性があるのです。異性から見て魅力的に映るのは完全に日光を避けている人ではないと思われるのです。

また、紫外線を悪と見る習慣は気持ちを陰湿にしてしまうのです。太陽の恵みによって人間も生物も行かされています。ですから、宗教とかではなく、太陽に感謝する毎日が基本的な生き方だと思います。しかし、晴れていても感謝がなく、いやいや外に出るというのであれば、大きな自然の力から外れてしまうのです。これは大きなことです。難病を克服していく上で最後に大切なのは大きな自然治癒力に身も心も委ねるということだからです。

暑い日でも太陽の存在に感謝して歩けば、不思議と嫌な暑さは感じません。「暑くていやねえ」、と言っている人ほど、より暑く感じているのではと思います。

夏場に体を焼けば、冬に風邪をひかないと言われてきましたが、これは事実なのです。毎年何回も風邪をひく人は慢性的なビタミンD不足が起きています。ビタミンDは食べ物や注射で摂取することは事実上無理です。そんなことをしなくても太陽にあたればよいのです。

ビタミンDは体内に蓄えることができます。ですから夏の内にしっかり太陽にあたっていることが重要なのです。よく風邪をひくというのは免疫力が落ちているということで、ガンになりやすい体質になっているとも言えるのです。

体調が悪いとすぐに病院に行き、薬をもらうことが最善であると信じている人が多くいます。これはとても危険です。なぜなら多くの慢性病が薬害と無関係ではないからです。本来は食生活と適度な運動、早寝早起き、日光浴、そして休息をとれば自然に治るのです。野生動物は体が悪くなると食事もせずにしばらく休息します。それをしていれば治るということがわかっているからです。しかし、人間は間違った知恵のために、休息をとらずに、栄養を摂ることが最善と勘違いし、薬で治してもらおうとしてしまうのです。

病気になったのは間違った生活習慣やストレスによるものがほとんどです。それに気づかず、また改めようとせずに病院での対処療法のみをすべての処置と思うことは実は危険が伴うのです。

ほとんどの病気は初期の段階で生活習慣を改め、食事を変え、そして日光浴と休息で治るのです。その段階でストレスを手放し、病気を通して生き方を学ぶべきなのだと思います。そのためには自分の病気は自分で治すという強い気持ちがなによりも大切だと思っています。食事に関しては栄養を摂ることよりもミネラル中心の小食が良いのです。食べ過ぎは病気を患ている体には悪影響を及ぼします。

日光浴は真夏であれば、ある程度肌を露出した状態で毎日15分が必要です。雨や曇りの日であればそれ以上が必要です。実は真夏よりも春先のちょうどいい光を1時間程度浴びるのが実によいのです。また、東京であれば真冬の日光浴も長時間できてとても有効です。例えば露天風呂の近くで日光浴を行い、寒くなったり風呂に入るというのを繰り返すことで、理想的な健康法になるのです。

現在、病気を発症していて「日光浴を今から始めるのでは間に合わない、もっと即効性のあるものでなくては」、という人は光線療法をお勧めします。光線療法は人工的に太陽光を再現した全身照射ができます。紫外線や赤外線、可視光線を体調に合わせて微妙調整し、長時間照射することで、自律神経から改善して行く医療機器です。

私はもう1000時間以上の全身照射を行っていますが、マイナス面はまったく感じません。私は光線療法無くして健康を取り戻すことができなかったと実感しているため、多くの人にお勧めしているのですが、あらゆる病気に対して効果が見られます。医者に日光浴を止められているごく一部の方以外はぜひ、光線療法を試してもらいたのです。

昔は交通手段も歩くしかなかったため、十分に日に当たる機会があったのです。今はほとんど室内にいるという人もいます。場合によっては完全な夜型で、昼間は外に出ないという人もいます。このような生活を続けていれば病気になってもおかしくありません。光線療法によって様々な病気が治るということが実証される日が必ず来ると私は思います。

これまでの慢性的な日光浴不足、ビタミンD不足を治すにはある程度の集中照射が必要です。例えば深刻なガンの方や、手術後の大事な時期の方であれば、一か月から数か月毎日照射することで体調が上向きます。それは自然治癒力が高まるとも言えるのです。

本当につらい状態であれば、全身照射を毎日数時間、一か月続けることで状態が変わると思われます。実際に私のところでは大変重病の方は初期の段階での集中照射をお勧めし、数か月後には社会復帰されているケースが多くあります。

例えば重いうつ病やパニック障害、統合失調症などにも大きな効果が過去に見られました。この場合も毎日の集中照射が必要になります。

毎日数時間ですから、経済的に余裕がある場合は、ご自宅へ設置されることをお勧めしています。そして仕事を休めるのであればしっかり静養し、光線照射に集中してください。なによりもあきらめないことが大切です。どんなにつらい症状でも必ず好転します。それまでどれくらい時間が必要かは言えませんが、辛抱していれば必ず病気は過ぎ去っていくのです。病院周りを繰り返し、薬を変えて、不安が大きくなるに連れて病気は悪化してしまうのです。自然治癒力を信じ、高めることに集中すれば、ほとんどの病気は治るのです。

PROFILE

筆者紹介

小池 秀効

小池 秀効 [ Shuko Koike ]

今現在、さまざまな病気で苦しみ、ようやくの思いで命をつないでいる方に、自分の持つ自然治癒力を信じ、必ず良くなるという強い気持ちで、治癒への道を歩んで頂きたい。その一念で、光線療法院けろぴーは始まりました。

光 線療法とは、太陽光線を人工的に作り出す光線機によって天候、季節を問わず太陽光を浴びることで、人体の自然治癒力を最大限に高める療法です。私自身が、 この光線機のおかげで絶望の淵から蘇ることができました。病状によって一人一人たどる道は異なっていても、自らの経験を通し一人でも多くの方のお役に立つ ことができれば、と心から願っています。

「光線療法院 けろぴー」代表、光線療法師、回復トレーナー

私自身が、絶望の淵から蘇ることができました。病状によって一人一人たどる道は異なっていても、自らの経験を通し一人でも多くの方のお役に立つことができれば、と心から願っています。小池奈美(女性療法士)が女性の方はお世話いたします。

光線療法院 けろぴー

光線療法院 けろぴー [ 田園調布 ]

「光線療法院 けろぴー」へのアクセスはとっても簡単。東急東横線/東急目黒線 「田園調布駅」東口を出て、右手に見える田園調布商店街の坂をまっすぐ下ったその先にあります。閑静な住宅街でリラックスしながら光線治療が受けれます。

ホームページ:http://keropi.tokyo

住所:〒145-0071 東京都大田区田園調布2-47-13(地図:Google Map) / TEL:080-5185-5100

CONTACT

お問い合わせ

当サイトの運営元「光線療法院 けろぴー」へのお問い合わせはこちらから