BLOG

脳の血流が改善されると

2015年12月08日 火曜日

脳の血流が低下していると様々な体調不良に繋がります。

 

うつ病は脳の血流不足が一因だと言われています。また目や耳の不調、ふらつき、めまい、頭痛も脳の血流が低下していることが原因の可能性があります。

 

私は間質性膀胱炎のような慢性膀胱炎の症状も脳が大きく関係していると思っていて、脳が血流不足になると脳の機能低下につながり、やがて脳の誤作動へと繋がると思っています。

 

脳の誤作動というのは体に痛みを発生させたり、大げさに感じてしまったり、不調を作ったり、不調や痛みを発生させる仕組みを作ってしまったりすることを言います。

 

頻尿や排尿時の違和感、排尿後の違和感も脳の誤作動で起きている可能性は否定できません。膀胱に問題があると思ってしまうのは仕方がないことですが、膀胱だけを見ていても治らないケースがあります。

 

脳に問題があるのかもしれないが、必要のない治療をしたくない、検討違いの治療は怖いのではないか、と思う方がいるかもしれません。

 

私は脳への治療は必要ないと思っています。薬を飲む必要はないと思っています。ではどうするか、脳への血流を高めるのです。

 

脳への血流を高めると言っても、どのようにすればよいのでしょう。

 

脳が血流不足になっていたかどうかを確認するには、脳への血流を高めて、それまでの状態と比べてみるしかありません。自分の体で確認することができます。

 

脳への血流が高まると明らかな変化が感じられると思います。私の体験では頭が軽くなり、気分が自然によくなります。また目や耳の不調を感じていたのなら楽になるのを感じると思います。

 

脳に十分な血流が不足すると頭がぼーっとして常に眠く感じ、思考能力にも影響がでるかもしれません。怒りっぽくなっても不思議ではないし、うつ症状が現れることもあり得ます。

 

脳に血流が足りているか、常に観察しなくてはなりません。

 

脳に血流不足が起きる原因としては様々なことが考えられます。血液自体が不足している(貧血)、血液が汚れている、血管が詰まっている、首や背中の筋肉が硬直している、全身の循環が低下している(腎臓や肝臓の機能低下などのため)など、多くあります。

 

食生活に問題があったり、睡眠不足であったり、ストレスによって緊張が続くことでも起きてしまいます。

 

ひとつひとつの原因を改善していく努力は大切ですが、体や精神の調子が落ちている状態で、努力だけを求められたら誰も良くなる人はいません。

 

有酸素運動をしたり、ヨガをしたりすることで血流がよくなることは間違いありません。またマッサージなども効果が期待できますし、鍼灸などもよいと思います。

 

しかし私が知る限り光線療法より期待できるものはありません。

 

私は手技による調整術が専門であって、光線療法側の人間ではありません。癒しについてのプロと自覚しています。すべてをフラットに見て、血流や自律神経の改善には光線療法がベストと判断しています。営業するためにストーリーを描いているわけではありません。光線よりさらによいものに出会えたら、すぐに考えを改めます。

 

光線療法を全身に行います。頭部への照射も効果がありますが、足の裏に照射すると脳へ血流が促されると言われていて、私自身もその実感を強く持っています。疲労や緊張、ストレスで血流が悪くなっていると感じる時、私は光線療法の全身照射を行います。

 

すると脳に安らかな状態が戻ってきます。脳に血流が蘇っているように感じることができます。

 

うつ症状を感じる時や慢性膀胱炎の症状、原因不明の疼痛などがある場合、脳への血流をまず改善してみることをお勧めします。光線療法や運動によって血流を改善することは、やり方を間違わなければ危険性はないと思われます。

PROFILE

筆者紹介

小池 秀効

小池 秀効 [ Shuko Koike ]

今現在、さまざまな病気で苦しみ、ようやくの思いで命をつないでいる方に、自分の持つ自然治癒力を信じ、必ず良くなるという強い気持ちで、治癒への道を歩んで頂きたい。その一念で、光線療法院けろぴーは始まりました。

光 線療法とは、太陽光線を人工的に作り出す光線機によって天候、季節を問わず太陽光を浴びることで、人体の自然治癒力を最大限に高める療法です。私自身が、 この光線機のおかげで絶望の淵から蘇ることができました。病状によって一人一人たどる道は異なっていても、自らの経験を通し一人でも多くの方のお役に立つ ことができれば、と心から願っています。

「光線療法院 けろぴー」代表、光線療法師、回復トレーナー

私自身が、絶望の淵から蘇ることができました。病状によって一人一人たどる道は異なっていても、自らの経験を通し一人でも多くの方のお役に立つことができれば、と心から願っています。小池奈美(女性療法士)が女性の方はお世話いたします。

光線療法院 けろぴー

光線療法院 けろぴー [ 田園調布 ]

「光線療法院 けろぴー」へのアクセスはとっても簡単。東急東横線/東急目黒線 「田園調布駅」東口を出て、右手に見える田園調布商店街の坂をまっすぐ下ったその先にあります。閑静な住宅街でリラックスしながら光線治療が受けれます。

ホームページ:http://keropi.tokyo

住所:〒145-0071 東京都大田区田園調布2-47-13(地図:Google Map) / TEL:080-5185-5100

CONTACT

お問い合わせ

当サイトの運営元「光線療法院 けろぴー」へのお問い合わせはこちらから