慢性膀胱炎を『克服・回復』するには

To overcome

間質性膀胱炎 治る

間質性膀胱炎、慢性前立腺炎の方が当院にはよくいらっしゃいます。

私はどちらも同じ病気だと思っています。病気というより脳の誤作動が起きている状態、脳が過剰に働いている状態によって起きている症状であると思います。

初めて当ブログをお読みの方は、以前の痛みついてのブログを先にお読みになることをお勧めいたします。

私の経験上、痛みを終わらせるにはやはり精神的な変化がなくてはならないのです。痛みを発生させていた原因は生活習慣も大きく関わっていますが、精神的な問題が必ずあります。

一概には決して言えないことではありますが、この病気になられる方はきっちりした性格をされている方が多いと思います。すごく責任感が強く、無理をしてしまうというところもあるのではないでしょうか?

あるいはリーダー気質で気を張っている方もいるのではないでしょうか?社会的にはとても頼りになり、決していい加減な仕事をしないしっかりとした方ではないでしょうか?

目標を決めるとそれを達成するためにがんばってしまうこともあるのではないでしょうか?その反面チームで秩序を乱すメンバーに対してはストレスを感じることが多いかもしれません。

このような性格に対して、まったく思い当りがないと思う方もいれば、確かにそうかもしれないと思う方もいるかと思います。

人間は実に複雑ですので、原因はこれらのキャラクター由来のストレスであるとは言い切れません。しかし、このような傾向は少なからずあるようです。

私も少しがんばってしまうタイプでした。ですから足を引っ張るようなメンバーや関係者に対してストレスがあったように思います。

また少し高い目標を自ら設定してしまうところもありました。

低いところで満足する自分が好きでなく、上昇志向が強い部分がありました。私の場合、元々マイペースな性格でしたが、仕事でプロジェクトを任せられると成果をあげないと気が済まないところがあり、がんばるため成果はあげるのですが、徐々に期待が大きくなるにつれて荷物をしょい過ぎてしまう傾向があったように思います。

ですので起業をしようとしたときに妥協する選択肢はなく、自分を追いつめてしまったところがありました。がんばればなんとかなる、と常に思い、小さな目標で満足してはいけないと自分にプレッシャーをかけていたように思います。

そんな中で、実際には自らかけていたプレッシャーによって苦しみました。上場会社の役員をしていた時も、実力以上の自分を出さなくてならないと自分を追いつめてしまいました。成果はそれなりについてきたのですが、精神的には余裕などまったくありませんでした。

起業を目指して動いていたころ、移住をして現地で居場所を探していた頃は常に不安と共にいました。夜、不安で眠れなくなるというのは珍しくなく、がんばればなんとかなるという気持ちで前に進んでいました。

元々プレッシャーには弱くなかったのかもしれません。海外で起業しようなどと思わない人が多い中で、飛び込んで行けたのは勇気があったと思います。結果的に計画通りにはまったくいきませんでしたが、挑戦したという事実はとても意味のあることとして残っています。

私は自分が痛みを発症して、死ぬほど苦しんだあげくに奇跡的ともいえる完全回復を体験し、自分の身に何が起きていたのかをよく思い起こします。それはひとえに、私と同じように苦しんでおられる方の力になれることがあるのではないかと思う一心からです。

そんな中で思い当るのは、慢性痛になってしまう人はとにかく「がんばってしまう」のではないか、ということです。

今、思い出してみると私はがんばることを止めたからよくなったのだと思えるのです。先に書いたような気持ちを持ち、病気になった自分に対して情けないと責めてしまったのも、「もっとがんばらなくてはならなかった」、「いま、がんばらなくていつやるのか」、という気持ちがあったからだと思います。

なんのためにがんばるのか?そもそも、そんなにがんばって何になろうとしているのか?そんなことに気づいたところから気持ちが楽になっていったように思います。

たった一回の人生を悔いなく、誰よりも楽しく生きてやろう、なんていう気持ちも自分に無理を生じさせることにつながりました。すべては自然体でよかったのです。がんばる理由には、より金持ちになって遊んで暮らしていきたい、という野望があったのも事実です。それがいけないことではありませんが、私の場合、それが「本当に自分がしたいこと」とずれていたのです。

本当にしたいことは自然体で生きるということでした。自分のやりたいことを人の目を通して決めるのではなく、自分に素直になることで見るべきでした。いつの間にか他人の目を通して生きていたということに気づいたのだと思います。

ですからがんばることをやめることで心が楽になり、痛みに届いたと思うのです。オーストラリアでの計画が崩れ去っていくことは、受け入れがたい負けをを意味していましたが、がんばることをやめるということは受け入れるということでした。仕方なく受け入れるということではなく、それはそれでいい、と思えるようになれたのです。

それと共に家族や友人、仕事関係者などに対して抱いていた複雑な気持ちも少しづつ手放すことができました。本当の自分はこれなんだからどう思われてもいいという気持ちになっていきました。

いろんなプロセスを経て、病気になり(私の場合、ひどい精神疾患も患ってしまいました)、それも含めて今の自分なんだから恥ずかしいも情けないもない、自分は自分だと思えるようになっていきました。

やっと無理をしていた自分に気づき、心を楽にすることができたのです。今振り返ると、それが痛みからの解放と無関係とは思えません。

がんばりすぎていませんか?自分を楽にしてあげてください。と言うとなんだか腑に落ちない顔をされるかたがいらっしゃいます。

私にはその気持ちがよくわかります。私も痛みが出始めた初期の頃にそれを言われてもピンとこなかったと思います。

「それほどがんばっていませんから」「もっとがんばらなくてはいけないくらいなんです」「実は結構いい加減に生きているので、私にはあてはまりません」こんなところでしょうか。

私も頑張っている実感はありませんでした。真面目に一直線にというよりはのんびりしたところもあり、妥協することも多く、遊びも大好きで、自分に厳しいとは言えない、という自分でした。

そんな自分に「頑張っているのを楽にして」と言われても、なんだか的が外れているなあと思ったと思います。

しかし、やはりどこかでがんばっていたのです。すべてではないにしろ、どこかで自分に無理をしていたのです。言い換えれば自然体ではなかったのです。こういうと、「自分の周りにいる人だって決して自然体ではない、それなのに痛みを抱えているわけではない」と思うかもしれません。そうなのです。自然体でいる人は実はとても少なく、それでいて痛みを抱えていない人もたくさんいるのです。

ですから痛みを抱えている自分はなぜなのか?と疑問になると思います。自然体になることが痛みを終わらせる「大事なこと」であるのなら、なぜ自分にだけ痛みが出たのか?

私も原因をたくさん探りました。でも自然体になるチャンスをもらったんだからいいじゃないですか、それはとても自分を楽にして楽しく生きていけるとても大切なことなのですから。

ここからすごく大切なことを書きます。飽きずに最後まで読んでみてください。

がんばることを止める。でも痛みを最後に断ち切るためには、がんばらなくてはならないのです。しかも今までがんばっていた何倍も強い気持ちを持って。

こう書くと矛盾しているじゃないか、と思うかもしれません。

しかし、がんばるところが違ったのです。今までがんばってきたところは、がんばることを止めて楽にする。そして本当に頑張らなくてはならないところに焦点をあてて、自分の持てるすべての力、底からの力を振り絞ってがんばるのです。そうすることで痛みは去っていきます。

痛みを吹き飛ばすことができます。

これについては万人にあてはまることではないかもしれません。しかし、私がそうであったのでお伝えするようにしています。

最後の最後までしつこく追いかけてくる痛みを吹き飛ばすために必要なのは意志の力です。

私はよく根性では治りません。力んで治そうとすると悪化します。とアドバイスします。実際に私がそうであったからです。特に精神疾患を伴っているとそうなのです。うつ病の人にがんばれは禁物なのです。

根性で治そうとすると壁にはねかえされます。そして悪化するのです。

しかし意志の力は必ず必要なのです。最後に断ち切るのは自分の強い意志です。これが私からの魂のメッセージです。

しかしそれをどのような角度で発揮するかが大切です。

痛みがしつこく続くのはなぜか?それは脳が作っているからです。

これは事実なのです。誤作動から始まる痛みですが、誤作動が治りかけてもまた元にもどそうとするのは自分なのです。それはクセがついているからとも言えます。

誤作動が強烈に起きている時に意志の力でなんとかするのは非常に困難であると思います。それができないとは言いません。しかしたいへんな精神力を要求されます。ほとんどの場合うつ病も発症してしまいますから精神力を発揮するのは実に難しいし、それをすることはお勧めしません。時期を待つのです。

時期とは何か?

それは脳への血流が戻って来たときです。これまで脳への血流が停滞していたのはほぼ間違いありません。それはストレスが原因であったり、生活習慣が原因であったり、ほとんどの場合両方です。

脳への血流を戻すというのは簡単ではありません。普通にしていたらまずできることではありません。痛みやうつ症状が無い程度の血流の低下であれば、運動や食事療法、その他の民間療法などで蘇ります。しかし、うつや慢性痛が続くような状態の場合、かなり長い時間が掛かって血流不足になっており、食事を変えたり運動する程度ではなかなか治りません。

そこで私が提案する自然療法を受けていただきたいのです。

でも、私の所にくることがすべてではありませんので、何かをきっかけに脳への血流を促してください。方法はひとつではありません。

脳への血流が促され(ある程度の時間は必要になります、例えば3か月など)、体にも心にも何かよい兆候がでた頃、自然に痛みが消えていればよいのですが、消えてもよい脳の誤作動、痛みがしつこく続くことがあります。本人にしたらまったくよくなっている気がしません。

少し気にしたら前より痛くなってきたと思うかもしれません。しかし、血流に関してはよくなっている気がする。

この時、時期が来たことになります。

痛みに対して勇気を持って自分の意志の力で立ち向かいましょう。

強烈な意志の力で断ち切るのです。

自分そのものである意志の力は本当はものすごい力があります。

それを痛みを作り出す脳に対して、痛みを断ち切ることを宣言するように発揮するのです。一点に集中した時、それはすごい力になります。

もう大丈夫なのです。時期がきているのですから、強気になって痛みを睨み付けましょう、脳にも強気で語りましょう。「もうだまされないぞ」と。

これは「脳の誤作動だ」「どんな痛みが来ても絶対に大丈夫」「絶対に逃げない」「痛みよ来い!」「殺せるものなら殺してみろ」

このような気持ちで立ち向かうことも時には大切です。これが自分の脳に作っていたクセを打ち破るのです。終わったことをいつまでもクヨクヨしていたり、根に持っていたり、そんなクセを断ち切るのと同じです。

しかし、脳への血流がしっかり戻っていなくては壁に打ち砕かれることでしょう。でもそれでもまたやり直せばいいのです。

反対に言えば、脳への血流が促されセロトニンがしっかり出てくるようになっても痛みは続くこともあるのです。それは先にも書いたようにご丁寧に自分で作り出すのです。それが脳なのです。

ここでお伝えしたことはタイミングや状態により、アドバイスがまったく違ってくるのです。私の場合はたった一人で苦しみ、時間が掛かりましたが、今苦しんでいる方には直接アドバイスすることで疑問が整理されていけると思います。

ぜひ一度ご相談ください。

間質性膀胱炎と断食

慢性前立腺炎に関わらず、あらゆる慢性病に断食は有効です。

断食により、体質を変えることができるからです。慢性病の原因はいくつかありますが、体内に蓄積した老廃物により、血液の汚れがひどくなり、内臓が疲れ、自律神経やホルモンのバランスが崩れてしまっているのです。

断食により血液の汚れをきれにし、内臓の働きを活発に蘇らすことができます。すると自律神経やホルモンのバランスは自然に整うのです。

慢性痛を治したかったら、まずは内側からです。そして元気が戻ってきたところで運動療法やその他の療法を組み入れ、生命寮を蘇らせていくのです。

薬や医療に頼るだけでは慢性病は治りません。事実、何十年も治らずに苦しんでいる人がたくさんいるのです。その方がに共通しているのは、自分の健康を医者任せにしていることです。医者はすべて正しいとは限りません。悪意が無くても、偏った知識により間違った指導をしていることがあるのです。

断食にはいろんなやり方があります。ここでは詳しく書くことはできません。

もし、興味がある場合は、その他の自然療法を合わせてご指導させていただいておりますので、ぜひお問い合わせください。

間質性膀胱炎の治療法

間質性膀胱炎と診断された方のほとんどが原因不明であるとされます。

しかしここで重要なことが仮に原因があるとされたとしても治療法を病院任せにはしないことです。なぜならその治療で完治することはあるのか、悪化することもあるのではないか、ということを真剣に考える必要があるからです。

仮に細菌が存在すると言われた場合は、何か月も抗生物質を飲むことになるかもしれません。これは実に危険です。抗生剤は体の中の良い細菌までも殺してしまいます。これによって何が起きるかと言えば免疫システムの異常です。

最悪の場合、免疫不全になってしまったり、がんに進行するケースもあります。体のホルモンバランスも崩れます。ホルモンは全身の繊細なバランスで成り立っています。特に重要なのが腸から出るホルモンです。ここに異常が出ると脳内の視床下部、脳下垂体に異常が出て、うつ状態になってしまうのです。

うつで終わればいいのですが、ホルモンのバランスが崩れることでそれを補おうとして別の薬を飲むことにでもなれば、どんどんホルモンバランスは崩れていき、自然治癒力ではどうしようもないところまで行ってしまうのです。この時には深刻なうつ病、原因不明の慢性痛や耳鳴り、めまいなどで苦しむ症状が出ます。

このようにして事態を悪化させていくことも十分に考えられるのです。

また膀胱などに器質的な損傷や異常があると診断された方も注意が必要です。医療機関では場合によってはそれが原因でないにも関わらず、原因として断定してしまうことがあるのです。それにより間違った治療を繰り返してしまい、悪化していくというケースがあります。痛みの原因となっている硬化部がある、傷があると言って薬物療法を続けたり、手術をするのは慎重になるべきです。ここでも判断するのは自分しかありません。判断材料があまりにもないから自分で判断することは難しいと思う方が多いと思います。そこで私のサイトの情報が少しでもお役に立てればということなのです。私の所には情報が集まってきますが、薬物療法や手術で快方に向かったと言う人はほとんどいません。もちろんすべてがそうであるとは言いません。人によってはそれにより治癒する人もいるかもしれません。しかし、原因が他にあるとすれば実に無駄なことをしていると思えます。

事実私も原因は患部あるから手術をした方がいいと言われたことがあります。しかし私は手術を受けずに薬も飲まずに完治することができたのです。これは手術をする必要がなかったということになります。私と同じようなケースは多いのではないでしょうか。

薬物療法は必要なのでしょうか?これに対しても私は疑問を持ちます。私は一時的に言われた通り薬を飲みましたがすぐに止めてしまいました。副作用がつらかったからです。先にも書いた通り薬を止めても治ることができたのです。

ではどのような療法が効果的なのでしょうか?私はうつ病を治療する方法と同じではないかと思っています。うつ病も脳の病気です。脳内神経伝達物質の一部が分泌異常になり発症します。具体的にはセロトニンという神経伝達物質です。そこにドーパミンやノルアドレナリンの異常も重なるとパニック障害や統合失調症が併発します。これらは実に連動しやすく、躁鬱などの場合もドーパミンが関係してきます。

痛みが出るのも脳内神経伝達物質の異常が大きな原因であると私は思っています。うつ病の自覚がある人、ない人がいます。うつ病の自覚がない場合、躁(そう)状態が強く出ていることもあります。つまり気持ちが落ち込むのではなく、しゃべるのが止まらないなどのハイな状態が多くなります。これもセロトニンが不足することでドーパミンやアドレナリンの分泌を抑えきれなくなっている状態と思われます。私は医者ではないので断定はできません。あくまでも私個人の考えであって、参考にしていただければと思って書いています。しかし内容には自信があります。

うつ病を治すのと同じであるからと言って薬物療法が必要と言うことではありません。抗うつ薬や精神薬がなくてはうつ病治らないというのは間違いです。事実、抗うつ薬を飲み続けて何十年も患っている人は多くいます。反対に自然療法のみでうつ病を克服した人は多くいるのです。私は自分の体験から言いますが、薬を飲まなくてもうつ病は治ります。どんなに重くても治ります。治る過程の中で薬のお世話になることは時として必要です。場合によっては薬も助けになりますし、薬が無ければ治癒が難しいという人がいるもの事実であると思います。しかし本質的には自然療法で治るのです。

脳内神経伝達物質の異常によって発症する病気はうつ病などの精神疾患だけではありません。パーキンソン氏病や認知症も同じような原因で起こります。また不妊症の原因としても大きなものがありますし、発達障害やホルモンの異常による成長の障害なども同じ原理で起きてしまいます。

ではどのような治療法を選ぶべきなのでしょうか?それは脳への血流を蘇らすことができる療法です。これをしないで治ることはまずありません。薬による治療は一時的に足りなくなったホルモンを増やしているだけで根本的な解決には至っていません。脳への血流が改善されないといつまでたっても治ることはありません。

そのためには脳への血流を促すための正しい知識を学ぶ必要があります。なぜ、脳への血流を上げなければならないのか?答えは簡単です。これまで脳への血流が不足していたからです。ではなぜ脳への血流が不足していたのでしょうか?この答えが導き出せれば治癒への道筋が見えてきたことになります。

例えばマッサージや鍼灸などで血流をよくしようとしても改善されないケースがほとんどです。これはなぜかと言うと部分的にしか見てないからです。血流を改善するには全体的な視点で見る必要があります。

例えば温熱療法があります。体を温めて血流を促す、デトックスをするという目的があります。これも改善しないケースが多いと思います。人間の体は生命力が落ちてくるとこのような温熱療法が消耗を促してしまうのです。やればやるほど体力を消耗し、それにより痛みが強くなるというケースがあります。

食事療法については有効ですが、これだけで治癒することは難しいと思われます。軽度であれば食事療法で改善するケースは多くあります。この場合、腸環境を整える食事にするべきです。日本に昔からある食材の味噌や漬物、麹菌、納豆などの発酵食品は特にいいでしょう。動物性食品は全体の2割に留めましょう。そしてカルシウム不足を補うように食品を選んでください。また、緑茶や桑の葉茶が有効です。特に緑茶の慢性痛やうつ病に対する効果はまだ言われていませんが、実に高いものがあります。

運動療法も効果があります。特に有酸素運動とストレッチです。どちらも血管を広げ血流を促します。有酸素運動はリズム運動でもありますのでセロトニンを多くしてくれる効果があります。事実うつ病治療に散歩が有効であることがわかっています。毎日30分以上歩くことです。また簡単な筋肉強化も有効です。

私がお勧めするのはヨガです。ヨガは体中に酸素を運んでくれるのです。低下していた生命エネルギーを高めることを促してくれます。それは正しい深い呼吸により老廃物が排出されるからです。脳内神経伝達物質に異常が出る人に必要なのは古いエネルギーを排出して新しいエネルギーを取り入れることです。そうすると元気が出てきて自然治癒力が高まるのです。そのためには自宅で一人でやるより、いい先生を見つけて習いに行くことです。そうすることで新しいエネルギーをたくさんもらうこともできます。気が付けば痛みが消えていたということもあり得るのです。

実に簡単なことですが、日光浴はとても有効です。太陽の光により生命はエネルギーを頂いているのです。昼間部屋に籠って生活していませんか?紫外線によるしわなどを気にしている場合ではありません。毎日ある程度の太陽光を浴びないと誰でも病気になるのです。できれば早朝に散歩しましょう。それだけで大きな変化が起こります。うつ病や痛みは消えていきます。また、夏のうちに十分に体を焼いておかないと冬に風邪をひくというのは本当です。

最近乳がんや前立腺がんが増えているのは日光浴不足が原因だという医者も増えてきています。慢性前立腺炎や間質性膀胱炎の方は下半身やおでこを光に当てることが有効です。おでこは可視光線でいいので、UVカットガラスの内側でリラックスして長時間浴びてみてください。視床下部に光を感じると脳内ホルモンの異常が治ってくるのです。そして痛みを発生していた誤作動が収まります、

また下半身に光を浴びることで全身の循環が改善されます。露天風呂などでくつろぎながら日光浴をするのもとても有効です。

最後にカウンセリングです。痛みの原因は一つではありません。しかし、ほとんどすべての人に精神的な問題が関わっています。ここでは簡単に触れておきます。

完璧主義をやめる。いい人をやめる。人間は誰でもミスをするものだということを受け入れ、自分も人も責めない。自分を作らない。無理をして人に合せたり、必要以上に結果を出そうとしたり、人のことを気にしすぎたり。

そんなことが痛みの原因になっています。等身大の自分を思い出し、人の評価を気にせずに、自分の価値は自分で認めて、結果をだそうとあせらずに、無能と思われてもへっちゃら、と思うようになると、仕事も人間関係も今まで以上にうまくいくのです。誰にどう思われたって構わない。人から見られる自分を大事にするのでなく、自分を大切にする自尊心を育てましょう。プライドと自尊心は違います。自尊心が足りないと思っている人は子供の時の大人との関係が原因です。ですから自分には非はありません。気づいた今から自尊心を育てていきましょう。

私が行う療法は生命力を促し、自律神経を調える効果が期待できるヒーリングマッサージとカウンセリングです。ヒーリングマッサージはリンクの貼ってあるケロピー光線療法院というサイトに動画を貼っています。ぜひご覧ください。カウンセリングはこんがらがってしまっている心の問題に対してアプローチを行います。私のカウンセリングはすべてこれまでの治療体験と自分の闘病体験から行っています。カウセリングにより一気に心が軽くなり、それにより脳への血流が蘇るということもあるのです。

また、間質性膀胱炎には光線療法が実に有効です。これは日光浴では足りないことを人工的に行うものですが、長時間理想的な照射をすることで脳内ホルモンの改善や全身の血流の回復などに実に効果が見られるのです。これについてはブログ内に詳細を載せていますのでぜひご覧ください。ある程度期間を詰めた中で10時間から30時間の集中照射により、確実に効果が期待できます。

間質性膀胱炎 治し方

慢性痛の原因はほとんどの場合、患部には問題がなく、脳の誤作動によって痛みを出していると考えられます。私自身の深刻な神経痛は脳の神経伝達が正常になるに連れてうそのように痛みが消えて行きました。

私自身、患部に問題がないとは到底考えられませんでした。確かに痛みは患部から感じます。脳はそれに対してもっと悪化するのではないかという恐怖を生み出します。本来は脳の誤作動で痛みが起こっているのですが、脳に振り回される格好になり、生活の質が著しく落ちることになります。

脳の誤作動で起きるというのは医学的にも認められています。私と同じように深刻な慢性痛から健康な状態に戻った人もたくさんいて、痛みが消えてしまえばそれが脳によって作り出された幻のようなものであることが理解できるのですが、その最中にいる人にはなかなかそれが信じることができません。なぜなら脳が痛みを感じる仕組みを自分自身が何度も上書きを繰り返し、より強い癖として刷り込んでいってしまうからです。

これは脳のトリックとも言えるかもしれません。本来は痛みを感じるほどの損傷などないのに痛みを通して深刻なことが起きていると刷り込まれていくのです。自分の脳ですから脳から出る信号はすべて自分だと信じるのが当たり前です。それに対して否定することは正しいことのようには思えません。つまり、脳の誤作動による不健康な情報を真実として疑うこともなく思い込んでいるのです。

自分の脳であって自分ではないという角度からアプローチすることがとても大切です。つまり、脳は時として誤った情報を体に投げかけてくるということがあるのです。その誤った情報と同化することで不幸が生まれます。最初は小さな情報だったのが、自分の意志の力で大きな情報に強化していくことで痛みが増幅し、より複雑化し、難病として作り上げてしまうのです。これは慢性痛だけに言えることではありません。免疫の異常、脳神経の異常などとして現れることもあるため、うつ病や認知症、パーキンソン氏病、膠原病、ガンなどを作り上げていく原因にもなりうると私は思います。

すごく大切なのは誤作動を起こしている脳に気づき、認め、同化しないという意志を明確にし、同時に脳の誤作動を正常に戻していくことなのです。脳の誤作動と同化しないことができたら痛みは消えていきます。しかし現実的にはそれは無理です。痛みが増幅しなくなる。ある程度痛みが現れると痛みが消えるという現象が起きると思います。これまでは痛みと同化していました。それにより深刻な精神状態になることでさらに脳の誤作動が強くなっていたと考えられます。

脳の誤作動を冷静に認められると深刻にならなくなります。そうすると少しづつ脳の誤作動が落ち着いてくるのです。完全には収まらないと考えた方がいいでしょう。この段階ではそうです。しかし、痛みを客観視できるようになることで痛みをコントロールできるきっかけが生まれたと思います。

脳の誤作動は已然続いています。それは簡単には治りません。これにはかなりの個人差があります。患部には問題がなく、脳の誤作動で痛みを出していた。だから深刻に考えなくていいんだ。痛みが出ても脳に語りかえれば消えていくんだ。これで痛みが消えていく人も多くいます。

しかしこれで痛みが消えなくても心配はいりません。少し脳の誤作動が強くなっていただけです。次の段階へ進めばいいのです。

脳が誤作動を起こしていた原因にアプローチできれば、驚くほど速く痛みが消滅していきます。それは脳が痛みを出すほどに誤作動を起こしてしまった原因、心の問題に気づくことです。

ここで、大切なことを書きます。この段階を心観る場合、あることを同時に行う必要があります。それは脳への血流を促す行為です。

これをやらずに心の問題のみを掘り下げようとすると時間が掛かるだけではなく、さらにこんがらがってしまうこともあります。なぜなら心の問題が生じると同時に血流の悪化が生まれ、それにより誤作動が生まれますので、血流を促さなければいくら心の問題を見つめようとしても脳が働いてくれません。どうしてもネガティブになり、過敏になってしまうのです。脳への血流を促す行為と心の問題へのアプローチは同時に行うべき、これが私が闘病の中で得た極意です。言い方を変えれば脳の血流がよくなれば心の問題も別の角度から見ることができるようになり、消化しやすくなります。本来自分の性格だと思っていた悪い部分は脳の血流が悪くなることによって必要な脳内神経伝達ができなくなり起こっていたのですから、それを問題視することは間違いです。

脳への血流を促す行為は一つではありません。しかし薬はお勧めしません。できる限り自然療法を試みるべきです。

私はあらゆる情報を集め、様々なことを試みましたが一番確実に効果があったのが光線療法だったのです。これについては今回は深く書きませんので以前のブログを読んでいただければ幸いです。

脳への血流が促され、脳内神経伝達物質がよくなっていくと同時に心の問題を見つめる必要があります。しかしこれにはやり方が重要です。私もたくさんのカウンセラーの方と話をしましたが、心理学では限界があると私は思っています。

ストレスというか心の傷というものは繊細に取り扱わなくてはならないものです。扱い方を誤ると苦しくなっていきます。それほど複雑なものがあると私は思っています。そしてそれが痛みの原因になっているということはまず間違いありません。私の場合、脳の神経伝達が悪化するに連れて、悪い部分が浮き彫りになってきました。例えば怒りっぽくなる、失敗するのではないかという不安が強く出るなどでした。

周りにそれを指摘され、考え方を治せばよくなると言われました。そのうち心が変わらないと病気もよくならないと言われました。そして私は自分の中にある潜在意識を見つめてしまい、深刻な精神疾患を進行させ痛みを増幅させてしまいました。そうなると心理学ではお手上げです。

結局カウンセリングは人間力だと思いました。マニュアル通りに行かない患者が出た時に次のアプローチができる人はそうはいません。体験を繰り返して深く学んでいる人や、心理学とは離れたところで愛を深めている人でなければ何もできないということがあると思います。

ここでは書ききれませんが、私は自分の体験を通して、慢性痛を強く発症している心の状態について深く学ぶことができました。そして、それは巷で言われていることとはかなりかい離があります。幼少期に受けた両親からの影響についても深く関連があると思います。しかしそれを思い起こしても解決はしません。記憶を呼び戻しても消化することはできません。それよりも今の自分にアプローチすることの方が重要です。

ここでは詳しく書けませんが、かならず痛みは消えていきます。角度さえ合えば痛みは去っていくのです。私は自分しか頼れる人がいない中で、散々アプローチを誤り、どん底まで落ちたところで、やっと自分の脳が訴えていたことに気づき、その角度に焦点を当て続けることでうそのように痛みが消えていったという経験をしました。それは現在私のところへ来られる同じように痛みで苦しまれる人にも効果を発揮しています。

実際にはもっと具体的にアドバイスをしていくことが可能です。そのためにはぜひ私に会いにきてください。一緒に乗り越えることが必ずできると思います。ただ、私が心がけているのは、その時に必要なことだけを言うこと、です。言い過ぎてもよくないのです。必ず自分の脳が教えてくれます。誤作動を起こしながらも教えてくれるのです。そして人に言われるよりも確信として芽生えることが大事だと思います。ですので、ぜひいろいろと質問をしていただきたいのです。質問に対して私なりの考えを述べさせていただくやり方がベストではないかと思っています。

ここまでのアプローチでかなりの方が何かしらの効果を感じていただけます。実際にうそのように痛みが消えてしまう人もいれば、部屋から出れなかった人が自由に動けるようになるようなケースもあるのです。

しかしながら、さらに奥の手があります。奥の手ですのでここでは明かせませんが、ここまででびくともしない人でも奥の手で改善します。私自身は深刻な状態でしたのでさらにやることがあったのです。

私は若いころから自然療法について興味があり、たくさんの先生に習い、ヒーリングの仕事も10年以上ついていたことがあります。しかしその当時は病気に対しての理解が足りず、マニュアルで応対するしかありませんでした。それでもどこに行っても良くならない難病の方がたくさんいらしてくれました。どうにかしてよくなってもらいたいという一心で応対しました。しかし、今思い起こすと当時の私は何も知らなかったのです。私の先生方も知らなかったのだと思います。私はただ自分のできることを精いっぱいやりました。主にはカウンセリングと気功、カイロなどでした。しかし、私はこの道を極めることができるとは思えず、30半ばで一般企業へ転職しました。そして紆余曲折を経て自分が大病をし、その最中実に大きなことを学んだのです。若いころの私は難病の方がいらしても治るかどうかなどわかりませんでした。そのことを考えるのも止め、ただベストを尽くすことだけをしていました。

現在の私はどんな状態の方が来られても動じなくなりました。私に与えられた力が役に立つからこの方はここへ来られたんだということが、疑いなく思えるようになりました。そして私は自分の天命がここにあるということがわかったのです。

慢性膀胱炎の症状を抱え、地獄を味わった私がいかにして克服したかという体験記です。あくまでも個人的な体験、考えに過ぎませんので、参考になったと喜んでくださる方が一人でも多くいらっしゃることを願って書いています。

 

ある日、朝起きると膀胱炎の症状がありました。少し寝不足が続いて久しぶりにぐっすり寝た朝、尿意を我慢していたら膀胱に違和感が出ました。膀胱の違和感はその後も続いたため、その日のうちに泌尿器科に行きました。明らかに普段と違う違和感を感じていたので、膀胱炎を疑いませんでした。しかし検査の結果、細菌は検出されませんでした。

 

私は前立腺や睾丸の病気を疑い(男性のため)、検査を行いましたが、ここでも異常なしと出ました。

それでも症状は続いています。気のせいか不調の範囲が広がっている気がしました。

 

思えば体調不良は一年以上前から続いていました。胃腸の不調、耳鳴り、首痛、頭痛などです。その度、検査を行いましたが異常はありませんでした。後からわかったのですが、当時私は飛行機の中で息苦しくなったり動悸がしました。何か体調がおかしいと感じていましたが、実はパニック障害の症状でした。パニック障害はこの後、どんどん重くなってしまうのですが、思いもよらない病気ですので自分では気が付きませんでした。

 

また気分が重くなる、やる気が出ない、常に疲れている、寝ても疲れが取れない、いつも眠い、たまに横にならないといられなくなる、人と会っているのがおっくうになる、集中できない、などの症状があり、後からわかったのですが、これらはうつ病のサインです。私はこれらの不調のサインを見逃し、すぐにでも改善しなくてはならない生活習慣や仕事のストレス、人間関係などを軽視してしまいました。

 

特に気をつけなくてはならないのは薬の薬害です。私は胃腸の調子が悪い時、医者に勧められるまま複数の抗生剤を服用しました。その後、膀胱の違和感によってまた抗生剤を複数飲み、さらに膀胱や前立腺の薬と言われ、何種類もの薬を飲みました。抗生剤に限らず、薬の飲み合わせは危険があり、思わぬ副作用で苦しんでいる人が多くいます。複数の病院を受診する場合、薬だけが増えないように注意しなくてはなりません。

 

話は慢性膀胱炎に戻ります。

 

私はいくつもの病院を巡りました。きっと原因を見つけてくれる病院があるはずだ、治し方を知っている先生を探さなくては治らないと信じていました。

 

ある病院では膀胱に気質的な変化があると言われ、ある病院では慢性膀胱炎、また違う病院では間質性膀胱炎と言われたこともあります。また男性のため慢性前立腺炎と言われたこともあり、いずれにせよ細菌の検出されない骨盤内の疼痛を含んだ頻尿、膀胱の違和感などの病気です。

 

漢方に活路を見出そうとしたり、精神薬を飲んだりしましたが、私の体はかなりバランスを崩していたようで副作用が強く出てしまう状態で改善はしませんでした。

 

そのうち、うつ病、パニック障害が強くなり、不安恐怖症も強く出て、外に出ることも難しい状態になってしまいました。人と話すことがつらくなり、テレビもネットも見れなくなってしまいました。何が書いてあるかわからないため、怖くて見れないのです。電話も出れない、そんな状態が続きました。体の痛みや不安などで一瞬も気の休まることができず、睡眠もとれず、どんどん瘠せていきました。骨と皮だけになってしまい歩くのもふらふらする状態になりました。

 

病院に行くたびに悪化するのを感じていたため、もうどうすることもできないと感じていました。東洋医学の名医を訪れたり、気の治療をする治療師に来てもらいましたが、どうすることもできません。治療師の方が自信を持っていないということが伝わってきてしまうのです。ただやることはやります、という程度でした。私は体にどのようなことが起きていて、どうすれば治るという答えを持っている人に出会いたかったのですが、本当の答えとは思えないアドバイスばかりでした。

 

例えば金属の歯をすべて治せば治るとか、ご先祖の供養をすればいいとか言われましたが、歯医者に通うこともできない状態だったのです。(歯を治さなくても大丈夫です。そのように言われてもすぐにやる必要はありません)

先祖供養はした方がいいですが、それだけで治ることはまずないと思います。

 

私の体はとにかく冷えがありました。薬害でも内臓機能が低下してしまい下半身から冷えが強くなっていました。そのため夏でも湯たんぽを置いて寝ていましたが、それでも足が冷たく感じるのです。

 

私は冷えを治せばすべての症状はよくなるのではないかと直感的に思いました。そして様々な体を温める療法を試したのです。いろんな温熱機を買いましたが、私の冷えにはびくともしません。

 

私はこのような体になってしまった自分を責めました。後悔もしました。自分がゆるせないという気持ちで苦しみました。今まで親切だった人が態度を変え、ショックを受けました。そして仕事を失い、多くの資産を整理しなくてはなりませんでした。これから先の不安を考えるととても穏やかな心境にはなれません。すべてに悲観的になり、行き場のない怒りに襲われ、それが家族に向かわないうちに死んだ方がましだと思うようになりました。

 

そして毎日夜中に起きては死にたいと思う自分をどうにか思いとどまらせる日々を過ごしました。私にはこの先の苦痛を耐え抜く自信がありませんでした。誰かに助けてもらいたい、どうしたら治るのか教えてほしいと思う日々でした。

 

ほとんど寝たきり状態にまでなっていた時、もうこれ以上は耐えられないかもしれないと思っていた時、私は光線療法に出会ったのです。

知り合いの治療師のところに行った時、光線治療器が置いてありました。私は光線のことを知って直感的にこれしかない、と思ったのです。

 

私の直観はあたりました。一切の治療をやめ、自宅で光線療法だけを行いました。光線療法で血流が改善されていくプロセスでは陽性反応が出て、決して理想通り治癒が起きたわけではありません。しかしどんなにつらくても光線に賭けようと決めました。私の体が望んでいるのは徹底的に体を温めること、しかも太陽の光を求めていることをどこかでわかっていたのです。

 

3か月が過ぎたころ、私の精神面に変化が出ました。笑うことができるようになってきたのです。今まではただ耐えているだけの毎日でしたが、少し精神的に余裕が出てきたのがわかりました。光線を受けている時はとても楽にしていると家族に言われ、少しづつ不安が遠のき、自律神経も安定してきているのがわかりました。

 

そして外を歩く時間が多くなり、毎日30分歩けるようになった時、「もう大丈夫だ」と家族に言っていました。

 

私は光線を受けるようになってからもしばらくはまだ弱気で、不安を口に出すことがありましたが、しばらくしてからは弱音を吐かないようになりました。これも強い意志というよりは光線により血流、自律神経、ホルモンバランスが整ってきたからだと思います。

 

それでも最後は自分の中から絶対に治してみせるという気持ちが湧いてきて、弱気に打ち勝てたのが大きかったと思います。

 

私は過去を憂う気持ち(後悔)と未来を心配する気持ちに心を奪われ、生きる活力がそがれていました。過去はない、未来は思わない、今を100%生きる、と気持ちを強く持ち、今できることに集中して、これから先はどうにでもなる、という気持ちで過ごしました。

 

心配しても仕方がない、過去を後悔してもしょうがない、自分をゆるすもゆるさないもない、すべて終わったこと、あの人をゆるすもゆるさないもない、すべて終わったこと、すべては今、ここからの一歩一歩だけなんだ。このように思いました。そして生きれるだけで幸せなんだということが身にしみてわかりました。

 

健康であることがいかに幸せであるか、初めて知ることができました。

この苦しみ、不安が消えていくのであれば、後はもうなにもいらない。健康が戻るのなら、もうそれだけで十分だと思いました。今までどんなに欲に縛られ、常に何かが足りないと不満足な気持ちを抱いていたことが心が病む原因であったと気づきました。現状がどうであれ、足りないものなんてない、現在をすべて受け入れようと思いました。人にどのように思われようと自分でいることを選ぼう、これからの人生は決して自分をごまかさず、かっこつけるのはやめて、自分の人生を歩もう、このように思いました。

 

もちろんすべてができたわけではありません。このような価値観に目覚めたのです。そして健康を取り戻してからはまた、自分を見失いそうになる時もありますが、この時の気持ちを思い出し、二度と病気にならないためにも、仮面をつけることをやめ、重荷を背負うことをやめようと思うようになりました。

 

光線療法を3か月続けたあたりから好転してきて、その後は運動を増やしていき、行動範囲を広げていき、精神的にも変化が出てきたころ、体の不調は自然に小さくなっていきました。一日の中で症状がない時間が訪れ、そのうち症状のない日が訪れ、症状のない日の方が増えてきて、いつしか症状はたまにしか来なくなってきました。ここまで来ると症状がたまに来ても怖くありません。これもまた自然に消えていくと思えるようになり、本当にわずかな時間で消えていくようになりました。

 

不安も同じようにたまにやってきますが、これも自然に消えていく、自分の中をただ通り過ぎていく、何もせずに無抵抗になっていれば自然に消えていくと思えるようになり、本当に短時間で消えていくようになりました。

 

膀胱の症状がぶり返すのは冷えた時、腰やお尻に疲れが出た時(長時間座っていたなど)、怒ってしまった時と関連があることがわかりました。

 

また不安がよって来た時は、未来に気持ちが奪われていて、今がおろそかになり過ぎていた時、こうなってほしい、こうあるべきだとコントロールしだしている時、仕事やその他のことで結果をほしがり過ぎた時、必要以上の重荷を背負いこんでいる時などでした。

 

これらの心の習慣に気づき、その都度ただ手放します。そして不安が自分の中をただ通り過ぎていくのを待っていればいいのです。これは訓練すれば誰でもできるようになります。

 

慢性膀胱炎、間質性膀胱炎を患っている方に私の体験記が参考になれば幸いです。その他にもうつ病やパニック障害、不安恐怖症、対人恐怖症などで苦しまれている方にもきっと参考になることがあるのではと思います。薬に頼らなくても治るのです。自然の力にもっと気づかなくてはなりません。医学は人間が考えたものですが、自然の中に存在する英知はそれをはるかに超えています。どんな病気でも治せる可能性があるのは自然の英知です。

 

この自然の英知というのを難しく考えていけません。考えるのを止めるのです。それしか自然と一体になる方法はありません。すべてが順調であれば人は大事なことになかなか気が付きません。病気になって初めて自然の偉大さに気づき、生命の神秘に気づくことができます。私が知る限りそれを宗教やスピリチュアルな集まりに求めても病気は治りません。ヒントはくれるかもしれませんが、あくまでも自分が自然と向き合い、病気と向き合うことでしか答えは得ることができません。誤解を恐れずに書きますが、どんな宗教にもそれを求めない方が賢明です。宗教は依存させようとします。その中で結果的に絶望してしまう人がいるからです。

 

自然から外れた生活を自然に沿った生活に戻していくのです。それができれば活力、生命エネルギーは湧いてきます。しかし山に籠れと言っているわけではありません。今まで通りの生活をしながら自然の力を借りて、体の崩れた生体バランスを整えていくことができれば、多くの病気は治るのです。

 

そのためには自然のリズムに戻していく、自然の力を応用した療法を受ける必要があるのです。それが自然療法です。

 

自然療法は多くあり光線療法もそのうちの一つです。その他には植物の力を借りる療法や、鉱物の力、食べ物の力などを生かした療法などがありますが、慢性膀胱炎、間質性膀胱炎には光線療法が最も適していると私は思っています。その理由については「療法について」の記事をお読みいただければと思います。

 

 

 

PROFILE

筆者紹介

小池 秀効

小池 秀効 [ Shuko Koike ]

今現在、さまざまな病気で苦しみ、ようやくの思いで命をつないでいる方に、自分の持つ自然治癒力を信じ、必ず良くなるという強い気持ちで、治癒への道を歩んで頂きたい。その一念で、光線療法院けろぴーは始まりました。

光 線療法とは、太陽光線を人工的に作り出す光線機によって天候、季節を問わず太陽光を浴びることで、人体の自然治癒力を最大限に高める療法です。私自身が、 この光線機のおかげで絶望の淵から蘇ることができました。病状によって一人一人たどる道は異なっていても、自らの経験を通し一人でも多くの方のお役に立つ ことができれば、と心から願っています。

「光線療法院 けろぴー」代表、光線療法師、回復トレーナー

私自身が、絶望の淵から蘇ることができました。病状によって一人一人たどる道は異なっていても、自らの経験を通し一人でも多くの方のお役に立つことができれば、と心から願っています。小池奈美(女性療法士)が女性の方はお世話いたします。

光線療法院 けろぴー

光線療法院 けろぴー [ 田園調布 ]

「光線療法院 けろぴー」へのアクセスはとっても簡単。東急東横線/東急目黒線 「田園調布駅」東口を出て、右手に見える田園調布商店街の坂をまっすぐ下ったその先にあります。閑静な住宅街でリラックスしながら光線治療が受けれます。

ホームページ:http://keropi.tokyo

住所:〒145-0071 東京都大田区田園調布2-47-13(地図:Google Map) / TEL:080-5185-5100

BLOG

克服・体験記 / 筆者の想い

  • 2019年01月31日
    間質性膀胱炎と診断された時に

    間質性膀胱炎という病気は膀胱の間質層にまで炎症が達している病気です。状態によっては難病指定されることもある病気ですが、私のこの記事をぜひ読んでみてください。病院治療で治る見込みがなかったとしても、まだ諦めるには早いのです。

     

    私は病院治療を否定する気はありません。そこは誤解なさらずにお読みいただきたいと思います。私は医師ではなく民間療法士に過ぎませんが、私自身が膀胱の痛み、違和感、頻尿、排尿障害などで苦しみ、病院治 ... [続きを読む]

  • 2018年11月29日
    私の専門は手技整体術

    改めて書きますが私の専門は手技整体術です。カイロプラクティックの技術を学び民間の資格も持っています。

     

    しかしカイロの技術はほとんど使わずに自律神経と血流を改善する手技を追及しています。(マッサージのようなものをイメージしてください)

     

    手技によってあらゆる体調不良、精神的な不調によい作用が期待できます。これについては証拠があるわけではありませんが、お受けになられると実感されるこ ... [続きを読む]

  • 2018年11月28日
    慢性膀胱炎と間質性膀胱炎 膀胱に何が起きているのか

    当院では慢性膀胱炎、間質性膀胱炎の患者さんが全体の半分を占めており、様々な状態の方がいらっしゃいます。

     

    間質性膀胱炎と診断されたとしても膀胱にどれくらい異常があるかは個人差があるようです。

     

    病院で明らかな炎症や硬直などがあると診断された方、検査でははっきりとわからない程度の変化だが、症状があるため間質性膀胱炎と診断される方といます。

     

    膀胱 ... [続きを読む]

  • 2018年11月15日
    間質性膀胱炎と診断されたとしても

    間質性膀胱炎と病院で診断されたとしても、実際にあなたの体には違うことが起きている可能性があるのです。

     

    あくまでも可能性に過ぎませんので、お読みになる方、一人一人が自分で判断していただく問題であることを最初に断らせていただきます。患者さんを惑わす気や、医療関係者を批判する気はございません。

     

    血流と自律神経の改善を徹底的に行ってみてください。私の知る限り、多くの方がつらい症状から ... [続きを読む]

  • 2018年11月12日
    なぜ自然治癒しないのか?

    膀胱に炎症や収縮、硬直があったとしても、なぜ自然治癒しないのか、不思議に思いませんか?

     

    なぜ病院で外科的な処置をしないと治らないのか、薬を続けないと治らないのか、疑問になりませんか?

     

    他の怪我や感染症と同じように、これで治ると思ったのは最初だけで、何度外科的な処置をしても薬を続けても改善しないことがわかり、とたんに不安に陥っている方も多いと思います。

      ... [続きを読む]

CONTACT

お問い合わせ

当サイトの運営元「光線療法院 けろぴー」へのお問い合わせはこちらから