間質性膀胱炎を『克服・回復』するには

To overcome

間質性膀胱炎の正体

「慢性前立腺炎ですね」、そう医者に診断され、その次の病院では「間質性膀胱炎という可能性もあります。いずれにせよ完治するのは難しいですよ。」と言われました。その時、下半身、特に骨盤内の痛みで苦しんでいた私はどん底に落ちていきました。病院に行くたびに症状は増えていくようでした。

肛門の痛み、会陰の痛み、睾丸の痛み、排尿時の痛み、大便時の痛み、恥骨の痛み、そして膝や腰、わき腹にまで痛みが広がって行きます。あらゆる検査を行いました。尿検査は何回も行い、CTや血液検査、エコーによる睾丸や膀胱の検査、あらゆることをしても原因はわかりません。そして、私の症状はうつ病からパニック障害、そして統合失調症と思われる様々な症状、体中の痛みへと発展して行ってしまいます。

結論から先に書きます。これらのすべての痛みや症状はすべて消え去ってしまいました。これは奇跡的なことかもしれません。ほとんどの方が完治せずに少しづつ悪化してしていってしまうこの病魔に対して私は真実の光を当てることですべてを解消したのです。真実の光と言っても宗教とかではありません。しかし、どの医者に相談しても治療家を訪ねても、本を読んでもなかなか教えてくれないことだと思います。それほど病院で教えてくれる診断は真実とかけ離れていると実感します。あまりにも苦しくて、毎年自殺者まで出してしまうほど深刻なこのテーマについて、一人でも多くの方に私の体験談を届けたくてこのブログを書いています。

痛みの正体は患部にはありません。例えば「前立腺やどこかが痛い、悪くなるのではないか、ガンかもしれない」などという自分の思いで最終的には病気を自分で作ってしまうこともありますが、患部を見ていては治りません。

残念なことに病院に行くことで悪化するケースは非常に多いです。中には悪質な医者も存在します。例えば、体に深刻なダメージが発生することを承知で長く抗生物質を飲まそうとする病院です。何のためにそれを行うのでしょうか?本当に患者のことを思って処方しているのか怪しいものです。中には「精神的な病気だから精神科に行け」という泌尿器科医もいました。これも乱暴な意見です。患者からしたら解決する糸口がまるで見えません。精神科医といえば、泌尿器のことなどまるでわかりません。ただ強い薬を勧めるだけになります。あなたはどこも悪くないですよ、下手に内視鏡とかいれずに忘れていれば治りますよ、と言ってくれるお医者さんもいます。これはとても良心的だと思います。しかし、やはり痛みは消えないケースが多くあります。何もしなければ不安を拭いきれずに痛みは消えずに生活の質を落としてしまうのです。

では痛みの原因はなんでしょうか?ほとんどの場合、それは脳が作り出したストレスや感情のエネルギーです。ほとんどの慢性痛の原因は不明であり、器質的な変化を追っても解決はしません。原因は脳にあるのですから。

脳はストレスや感情がもうこれ以上耐えられないというところまで高まると、このままでは脳の機能に障害が出ると判断し、体の痛みに変えてしまうのです。痛みが出る部位はどこかに限ることはありません。頭や首、腰や膝などの関節、指や目や歯、内臓など至る所に出ます。私はすべて経験しました。そしてよく出るのが骨盤周りなのです。特に膀胱や性器周り、肛門付近はよく出ます。すべてストレスによる痛みだと言うと乱暴に聞こえるかもしれません。ですが、まずほとんどがそうであると私は思います。私と同じように痛みが消えてしまった人は実は多くいるのです。そのほとんどが医者からの呪縛で苦しんでいたという事実があります。

医者の呪縛とはどんなことでしょうか、それは医者の言葉による洗脳です。医者の言葉によって患者は強く思い込み、痛みを増加させてしまうのです。医者の言葉によって症状が慢性化し、悪化するということを医者の呪縛と言うのは欧米ではすでにスタンダードになっています。すべてを医者に委ねてはいけません。医者の言葉だからと言ってすべてを信じてはいけません。その呪縛から抜け出すのは実に困難です。いとも簡単に「ガンかもしれない」などと言う医者のなんと多いことでしょう。私も言われました。その言葉を乗り越えて完治させるには実に大きな意識の力が必要でした。そのつらさがわかるからこそ、あえてはっきりとお伝えしたいのです。むやみに医者に話を聞かないことに越したことはないのです。「では、手遅れになったらどうするんだ」と言うかもしれません。その不安があるのは当然です。私もそうでした。でも、こう考えたらいかがでしょうか?医者に行く前に私の言う通り実行してみる、それでだめだったら病院に行く、たかだか数週間病院に行くのが遅れても試す価値はありますよ。

お医者さんの中には深く慢性痛を理解し、自分の収入などは度外視して的確な指導をされている方もいるかもしれません。そういう医者が多くでてほしいと思います。しかし、私の知る限り日本ではまだ会えてません。欧米には実は多くいます。その影響を得て、少しずつ日本でも慢性痛の理解が深まることを願ってやみません。

私はある泌尿器科で、膀胱頸部硬化症だと診断されました。結果的にその病院で受けた診察が私にショックを与え、パニック障害を引き起こす大きな原因になりました。細かい説明は避けますが、同じように説明を受け、精神的に苦しんでおられる方にお伝えしたいのは、一生治らないと断言された私の症状はすべて消えたということです。

精神的なことが原因ではないのでしょうか、と尋ねましたが、きっぱりと否定されました。青年期までの感情の問題が器質的な損傷として現れていて、一生付き合っていかなくてはならないと言われました。そして一生飲むべき薬を処方されました。次に行ったときには保険の適応されない薬を追加で処方されました。そこから私はこの医者から離れることを決心しました。一日に水分を800cc以上とると悪化すると言われ、とてもショックを受けました。そんな水分では生きていけないのではないでしょうか?しかし悪化するという言葉に囚われ、本当に悪化していったのです。

今は毎日コーヒーやコールドドリンク、ビールやワインなども飲んでいますが、まったく痛みはありません。私の問題は患部ではなく、脳にあった証明になります。

間質性膀胱炎も同じだと思います。私もそのような病名をつけられました。治療方法はないそうです。内視鏡を患部に入れ、あれこれするようですが、やはり悪化したりするケースが多いようです。膀胱頸部硬化症にしても間質性膀胱炎にしても診察すればそれっぽい症状が見つけられます。しかし実は本当は何の問題もないのにあえて問題を作ろうとする間違った考えにより作られているケースが実に多いのです。薬治療や手術で完治しないと苦しんでおられる方が実に多いのです。

では、どうしたら治るのでしょうか?ほとんどの場合、患部への対処療法ではなく、脳の誤作動への根本的な対処で解決します。「脳の誤作動は認めても、それを治す術はない、患部に異常がないわけではない」と言われるお医者さんもおられるかと思います。しかし私は脳の誤作動を治すことができました。患部は放置しておいて大丈夫だったのです。

患部に器質的な損傷があったとしても大丈夫です。その場合でも脳の問題はあると思われます。患部の損傷と言っても悪性のガンでもない限り(悪性のガンであってもよほどでない限り自然治癒力で治ります)、自然治癒力で治るのです。下手に手術などしないことをお勧めします。自分の自然治癒力を信じるのです。必ず治ります。治す力は自分にあるのです。それを最大限に発揮することが大事なのです。

慢性前立腺炎も間質性膀胱炎も実につらい病気です。生活の質はどすんと下がります。ほとんど笑顔を忘れてしまうほど毎日がつらく、椅子に座るのも、寝ているのもつらいのです。しかもこれが、いつまで続くんだろうと不安でたまりません。そこに完治はしない、悪化するなどと簡単に言わないでもらいたいのです。わずかな希望をつなぎ合わせている人に対してその希望を消し去らないでほしいのです。

慢性前立腺炎、間質性膀胱炎で私と同じように苦しむ人は多く、病院に行っても治らない、どこまで続くのだろうと言う暗闇を体験した人がほとんど最後に私の治療院を訪ねてきます。

痛みは必ず小さくなっていきます。それにはまず自分は痛みを出すくらいストレスを感じていたんだな、と気づくことです。「体は実はどこも悪くないんだ。本当は健康なんだ。ただ脳が痛みを作っていたんだ。脳も必要があるからそうしたんだ。」と気づくと、ここまでで痛みが消えてしまう人もいます。

消えなくても何かよい方向に行っている実感は感じられると思います。人によって消えるまでの個人差がありますが、時間の問題です。

では次です。何がストレスとして脳を苦しめていたんだろう。

ほとんどの場合、怒りが関連しています。そして幼少期の親、兄弟との関係です。怒りは当然理由があって起こるものです。自分に原因があるわけではなく、他に原因があるから起こります。といっても昨日行ったカフェの店員の態度が悪かったからと言って深刻なストレスにはなりません。もっと身近な慢性的な怒りの対象は家族であったり、仕事の人間関係だったり、今はもういない父親だったりするのではないでしょうか?それがはっきりするまで分析する必要はありません。わからないならそのままでもいいのです。配偶者へのストレスが実は違うものへの怒りによってもたらされているケースもあります。どうして自分はできないんだろうという自分へのストレスである場合もあります。いい人と思われたいという欲求はすべての人に少なからずあると思います。しかし、ほとんどの場合、それがストレスになっています。完璧主義が隠れている場合、他人にもそれを求めてしまいます。自分の思い通りにならないことで、実に強いストレスを感じています。本来自分の思い通りになどならないのです。他人は他人です。絶対に思い通りにはなりません。それがなると思い込むと常にストレスを抱え込むことになります。「どうして?ありえない!」なんて言っている人は慢性痛を引き起こす可能性が大きいと言えるでしょう。

また、大事なことになりますが、慢性痛の原因となるストレスは自分で気づいていないものであることが多いのです。

基本的には病気と思い込むことで強化された脳の誤った神経伝達を再インストールするとイメージしてください。何度も繰り返し、脳に語りかけることで痛みは消えていきます。

次に大事なことですが、自分の性格を変えようとしないことです。ここがほとんどのカウンセラーの方が間違ってしまうところなのです。

人の性格、積み重ねた思いの習慣は簡単には治りません。カウンセラーの中には、自分を変えないと治りませんという人もいます。けれど完璧な人などいないとおおらかに構える方が断然治癒効果があるのです。

治すことは必要ないのです。ただ気づくだけでいいのです。これが答えです。完璧主義、善良主義になったのは、なりたくてなったのではないのです。小さい時に得た大人からの影響だったのです。影響を受けた自分に気づけば自然と小さくなっていきます。

最終的には自分は変わります。しかしそれは同時進行です。性格が変わらなければうつや痛みは消えないというのは大きな間違いです。体は治りたがっているのです。正しい方向へのほんのわずかなアクションで動かなかった岩が動き出すのです。その正しい方向がわからないから痛みが続いてしまうのです。

個人によって症状や原因は違います。ここまで書いてきたのは一般論ですが、本質の部分です。しかしその方の状態に合わせて、もっと伝えたいことがあります。ぜひ、カウンセリングにお越しください。

カウンセリングによって痛みが発生していた仕組みに変化が訪れます。しかし、実際には体に対してのアプローチが非常に効果的に働きます。具体的にお勧めしているのが、光線療法とマッサージです。光線療法で脳の誤作動が改善されていきます。脳には100を超える神経物質が存在し、そのほとんどはまだ解明されていません。しかし、痛みを発生させる理由としてセロトニンやメラトニンの異常を疑う必要があります。そして、それを薬で補うことはリスクが伴います。自然療法で本来のリズム、働きを呼び起こすやり方がベストなのです。そこで光線を用いることで、痛みはおろかあらゆる体調、気持ちによい反応が出ることを感じてもらえると思います。

マッサージに関しては気を重視します。人の体は本来、「気」でできているのです。その気が枯渇していくと精神にも影響が出てきますし、痛みとして出ることもあるのです。抵抗力が低下するのであらゆる病気へのリスクがあるのですが、気に関してはあまり理解がされていません。

私のマッサージは気の補充を重視して行います。マッサージの経験も20年以上ございますので、滞っている原因に的確にアプローチできます。

間質性膀胱炎 治療

間質性膀胱炎と診断された方のほとんどが原因不明であるとされます。

しかしここで重要なことが仮に原因があるとされたとしても治療法を病院任せにはしないことです。なぜならその治療で完治することはあるのか、悪化することもあるのではないか、ということを真剣に考える必要があるからです。

仮に細菌が存在すると言われた場合は、何か月も抗生物質を飲むことになるかもしれません。これは実に危険です。抗生剤は体の中の良い細菌までも殺してしまいます。これによって何が起きるかと言えば免疫システムの異常です。

最悪の場合、免疫不全になってしまったり、がんに進行するケースもあります。体のホルモンバランスも崩れます。ホルモンは全身の繊細なバランスで成り立っています。特に重要なのが腸から出るホルモンです。ここに異常が出ると脳内の視床下部、脳下垂体に異常が出て、うつ状態になってしまうのです。

うつで終わればいいのですが、ホルモンのバランスが崩れることでそれを補おうとして別の薬を飲むことにでもなれば、どんどんホルモンバランスは崩れていき、自然治癒力ではどうしようもないところまで行ってしまうのです。この時には深刻なうつ病、原因不明の慢性痛や耳鳴り、めまいなどで苦しむ症状が出ます。

このようにして事態を悪化させていくことも十分に考えられるのです。

また膀胱などに器質的な損傷や異常があると診断された方も注意が必要です。医療機関では場合によってはそれが原因でないにも関わらず、原因として断定してしまうことがあるのです。それにより間違った治療を繰り返してしまい、悪化していくというケースがあります。痛みの原因となっている硬化部がある、傷があると言って薬物療法を続けたり、手術をするのは慎重になるべきです。ここでも判断するのは自分しかありません。判断材料があまりにもないから自分で判断することは難しいと思う方が多いと思います。そこで私のサイトの情報が少しでもお役に立てればということなのです。私の所には情報が集まってきますが、薬物療法や手術で快方に向かったと言う人はほとんどいません。もちろんすべてがそうであるとは言いません。人によってはそれにより治癒する人もいるかもしれません。しかし、原因が他にあるとすれば実に無駄なことをしていると思えます。

事実私も原因は患部あるから手術をした方がいいと言われたことがあります。しかし私は手術を受けずに薬も飲まずに完治することができたのです。これは手術をする必要がなかったということになります。私と同じようなケースは多いのではないでしょうか。

薬物療法は必要なのでしょうか?これに対しても私は疑問を持ちます。私は一時的に言われた通り薬を飲みましたがすぐに止めてしまいました。副作用がつらかったからです。先にも書いた通り薬を止めても治ることができたのです。

ではどのような療法が効果的なのでしょうか?私はうつ病を治療する方法と同じではないかと思っています。うつ病も脳の病気です。脳内神経伝達物質の一部が分泌異常になり発症します。具体的にはセロトニンという神経伝達物質です。そこにドーパミンやノルアドレナリンの異常も重なるとパニック障害や統合失調症が併発します。これらは実に連動しやすく、躁鬱などの場合もドーパミンが関係してきます。

痛みが出るのも脳内神経伝達物質の異常が大きな原因であると私は思っています。うつ病の自覚がある人、ない人がいます。うつ病の自覚がない場合、躁(そう)状態が強く出ていることもあります。つまり気持ちが落ち込むのではなく、しゃべるのが止まらないなどのハイな状態が多くなります。これもセロトニンが不足することでドーパミンやアドレナリンの分泌を抑えきれなくなっている状態と思われます。私は医者ではないので断定はできません。あくまでも私個人の考えであって、参考にしていただければと思って書いています。しかし内容には自信があります。

うつ病を治すのと同じであるからと言って薬物療法が必要と言うことではありません。抗うつ薬や精神薬がなくてはうつ病治らないというのは間違いです。事実、抗うつ薬を飲み続けて何十年も患っている人は多くいます。反対に自然療法のみでうつ病を克服した人は多くいるのです。私は自分の体験から言いますが、薬を飲まなくてもうつ病は治ります。どんなに重くても治ります。治る過程の中で薬のお世話になることは時として必要です。場合によっては薬も助けになりますし、薬が無ければ治癒が難しいという人がいるもの事実であると思います。しかし本質的には自然療法で治るのです。

脳内神経伝達物質の異常によって発症する病気はうつ病などの精神疾患だけではありません。パーキンソン氏病や認知症も同じような原因で起こります。また不妊症の原因としても大きなものがありますし、発達障害やホルモンの異常による成長の障害なども同じ原理で起きてしまいます。

ではどのような治療法を選ぶべきなのでしょうか?それは脳への血流を蘇らすことができる療法です。これをしないで治ることはまずありません。薬による治療は一時的に足りなくなったホルモンを増やしているだけで根本的な解決には至っていません。脳への血流が改善されないといつまでたっても治ることはありません。

そのためには脳への血流を促すための正しい知識を学ぶ必要があります。なぜ、脳への血流を上げなければならないのか?答えは簡単です。これまで脳への血流が不足していたからです。ではなぜ脳への血流が不足していたのでしょうか?この答えが導き出せれば治癒への道筋が見えてきたことになります。

例えばマッサージや鍼灸などで血流をよくしようとしても改善されないケースがほとんどです。これはなぜかと言うと部分的にしか見てないからです。血流を改善するには全体的な視点で見る必要があります。

例えば温熱療法があります。体を温めて血流を促す、デトックスをするという目的があります。これも改善しないケースが多いと思います。人間の体は生命力が落ちてくるとこのような温熱療法が消耗を促してしまうのです。やればやるほど体力を消耗し、それにより痛みが強くなるというケースがあります。

食事療法については有効ですが、これだけで治癒することは難しいと思われます。軽度であれば食事療法で改善するケースは多くあります。この場合、腸環境を整える食事にするべきです。日本に昔からある食材の味噌や漬物、麹菌、納豆などの発酵食品は特にいいでしょう。動物性食品は全体の2割に留めましょう。そしてカルシウム不足を補うように食品を選んでください。また、緑茶や桑の葉茶が有効です。特に緑茶の慢性痛やうつ病に対する効果はまだ言われていませんが、実に高いものがあります。

運動療法も効果があります。特に有酸素運動とストレッチです。どちらも血管を広げ血流を促します。有酸素運動はリズム運動でもありますのでセロトニンを多くしてくれる効果があります。事実うつ病治療に散歩が有効であることがわかっています。毎日30分以上歩くことです。また簡単な筋肉強化も有効です。

私がお勧めするのはヨガです。ヨガは体中に酸素を運んでくれるのです。低下していた生命エネルギーを高めることを促してくれます。それは正しい深い呼吸により老廃物が排出されるからです。脳内神経伝達物質に異常が出る人に必要なのは古いエネルギーを排出して新しいエネルギーを取り入れることです。そうすると元気が出てきて自然治癒力が高まるのです。そのためには自宅で一人でやるより、いい先生を見つけて習いに行くことです。そうすることで新しいエネルギーをたくさんもらうこともできます。気が付けば痛みが消えていたということもあり得るのです。

実に簡単なことですが、日光浴はとても有効です。太陽の光により生命はエネルギーを頂いているのです。昼間部屋に籠って生活していませんか?紫外線によるしわなどを気にしている場合ではありません。毎日ある程度の太陽光を浴びないと誰でも病気になるのです。できれば早朝に散歩しましょう。それだけで大きな変化が起こります。うつ病や痛みは消えていきます。また、夏のうちに十分に体を焼いておかないと冬に風邪をひくというのは本当です。

最近乳がんや前立腺がんが増えているのは日光浴不足が原因だという医者も増えてきています。慢性前立腺炎や間質性膀胱炎の方は下半身やおでこを光に当てることが有効です。おでこは可視光線でいいので、UVカットガラスの内側でリラックスして長時間浴びてみてください。視床下部に光を感じると脳内ホルモンの異常が治ってくるのです。そして痛みを発生していた誤作動が収まります、

また下半身に光を浴びることで全身の循環が改善されます。露天風呂などでくつろぎながら日光浴をするのもとても有効です。

最後にカウンセリングです。痛みの原因は一つではありません。しかし、ほとんどすべての人に精神的な問題が関わっています。ここでは簡単に触れておきます。

完璧主義をやめる。いい人をやめる。人間は誰でもミスをするものだということを受け入れ、自分も人も責めない。自分を作らない。無理をして人に合せたり、必要以上に結果を出そうとしたり、人のことを気にしすぎたり。

そんなことが痛みの原因になっています。等身大の自分を思い出し、人の評価を気にせずに、自分の価値は自分で認めて、結果をだそうとあせらずに、無能と思われてもへっちゃら、と思うようになると、仕事も人間関係も今まで以上にうまくいくのです。誰にどう思われたって構わない。人から見られる自分を大事にするのでなく、自分を大切にする自尊心を育てましょう。プライドと自尊心は違います。自尊心が足りないと思っている人は子供の時の大人との関係が原因です。ですから自分には非はありません。気づいた今から自尊心を育てていきましょう。

私が行う療法は生命力を促し、自律神経を調える効果が期待できるヒーリングマッサージとカウンセリングです。ヒーリングマッサージはリンクの貼ってあるケロピー光線療法院というサイトに動画を貼っています。ぜひご覧ください。カウンセリングはこんがらがってしまっている心の問題に対してアプローチを行います。私のカウンセリングはすべてこれまでの治療体験と自分の闘病体験から行っています。カウセリングにより一気に心が軽くなり、それにより脳への血流が蘇るということもあるのです。

また、間質性膀胱炎には光線療法が実に有効です。これは日光浴では足りないことを人工的に行うものですが、長時間理想的な照射をすることで脳内ホルモンの改善や全身の血流の回復などに実に効果が見られるのです。これについてはブログ内に詳細を載せていますのでぜひご覧ください。ある程度期間を詰めた中で10時間から30時間の集中照射により、確実に効果が期待できます。

間質性膀胱炎と診断されたら

当院には慢性痛で苦しみ、どうしょうもないつらさを感じて来られる方が多くいらっしゃいます。その中でも慢性前立腺炎、間質性膀胱炎の方は特に多く、その他に、原因不明の腰痛、坐骨神経痛、その他の神経痛の方、ガンに伴う痛みを抱えた方なども来られます。

原因不明の痛みの場合、ほとんどが脳の誤作動により痛みが作られているのですが、その事実に行きつく人は少なく、また行きついたとしてもそれを正常に戻す方法がわからないのです。私は自分自身が壮絶な闘病を経験し、そこから知りえたことを患者さんにお伝えしています。これまでたくさんの方が快方に向かっているのを見ると、お伝えするに値するという確信が強まり、遠方におられて来られない方にも何かの力になればと思い書いています。

脳が一度痛みを出す神経経路を作ると、それを上書きしていき、強い神経経路を作ってしまいます。最初は現れれは消える程度の痛みだったのが、少しづつ、痛みが強く継続するようになり、悪化すると一日中痛みが続くようになります。場合によってはこれまで痛みを感じていた箇所以外の所にも痛みを感じるようになり、ほとんど全身に痛みを感じるようになるケースもあります。本人からすれば、明らかに痛みがあり、患部に原因がないということは信じられないかもしれませんが、ところが実は原因は脳にあり、患部に問題があることは珍しいのです。少なくとも手術や薬物治療を継続していくほどの原因はないケースが多いのです。

それなのに患部に対する対処療法を長期間続けてしまい、薬害による深刻なダメージを受けてしまうことがあります。また、長期間にわたり痛みを感じ続けることで精神的な病気を発症してしまうケースもかなりあります。

また、薬物治療により内臓機能の低下、免疫機能の低下などが起きてしまい、あらゆる体調に悪循環が生じてしまうこともあります。

慢性痛は治らないものとだんだん思い込みが強くなり、その思い込みに比例して悪化してしまうのです。精神疾患を伴うと本人にしかわからない苦しみが続きます。自殺する人が多いのも事実です。

しかしながら、慢性痛に対する研究も進み、これまで完治が難しいと思われていた病気も完治する人が多く現れています。私もその一人です。私の痛みはとてもひどいものでした。精神疾患も重く患ってしまい、廃人になる寸前まで行ったのです。そこから完治するまでの道のりは決して簡単ではありませんでしたが、治癒していくプロセスの中である確信が芽生え、同じように苦しむ方に力になることができると、ご指導させていただいています。

当院では光線療法を受けていただくことで脳への血流を改善する方法をまず第一にお勧めしています。しかしこれだけでは治りません。

脳が誤作動をしたのには原因があります。不規則な生活や、科学物質の摂取、運動不足や食事の偏りによる血流の悪化、そこから生じる冷え体質、しかし、すべての人にとってストレスの問題が原因の大きなものであり、その問題に対して理解する一歩がなければなかなか痛みは改善されません。完全に解決しなくてもいいのです。的確な角度での一歩が歩めれば脳が反応します。しかし、この一歩がなかなかわからないのです。

ストレスとは外的な問題に対する心と体のゆがみです。人間の体と心が共存した一つのエネルギー体があったとして、それが球体だとします。ストレスはその球体をゆがめるエネルギーです。

少々のストレスであれば一時的にゆがみが生じても自然に球体は元に戻ります。しかし、定期的に継続してゆがみが続くと、元の球体に戻ることができずにゆがんだ状態のままになってしまいます。これが病気につながります。例えを変えると、ゆがんだ状態というのは脳が泣き叫んでいる状態なのです。自分の脳なのにその原因がわからない。

まるで自分の赤ちゃんが泣いているのに、何をしていのかわからない親のような状態です。脳が泣いているのはもうこれ以上耐えることができないからであって、決して楽観できる状態ではありません。

まず大事なのは泣いている脳に気づいてあげることです。なんでそんなに苦しいのか、今、それに気づいてあげなければ手遅れになってしまうかもしれません。

かなりの確率で慢性痛を抱えている方の中には自己処罰の思いが隠れていることがあります。

それに対してできることは自分へのゆるしなのですが、ゆるすもゆるさないもないということに気づくしかないのです。終わったことは思い返すことはないのです。ゆるすことに捉われるといつまでたってもゆるすことはできません。他人に対しても同じです。すでにゆるされているということに気づくことが何より大切なことです。

慢性痛を抱えている人の中には完璧主義が隠れていることがよくあります。完璧主義ではないと思うかもしれませんが、ほとんどの人が多かれ少なかれ完璧主義の種を持っています。他人は自分の思った通りにはなりません。それはみんなわかっていることですが、どうしてそうするの?なぜ、できないの?どうしてこうしてくれないの?なんでそっちなの?などと普段思うことが強ければ、より完璧主義が隠れていると思っていいと思います。その小さな積み重ねが大きなゆがみを作ってしまうこともあるのです。

その他、完璧な上司でありたい、いい父親でありたい、いい夫(妻)でありたい、などと無意識に思い続けることでゆがみを作り、それが脳の誤作動として現れることもあるのです。そして大事なことは完璧主義の自分に気づいてもそれを治そうとしないことです。治そうとすれば悪化します。簡単には治らないからです。無理をしていたことに気づくだけでいいのです。脳がないていた原因を理解してあげれば泣きやむのです。完璧主義は少しづつ小さくなっていきますので大きな問題だと思わないことです。大きな問題に自分がすることでまたストレスを作るからです。

善良主義も多く隠れている場合があります。これは自分がよく思われたいという欲求であり、これも多かれ少なかれ誰にでもあります。しかし、脳への血流が悪くなるにつれて、自分の思い通りにいかないストレスと自分を優れた人物と見せようとする思いが強く出てきます。それは、かっこ悪い自分を見せたくない、バカにされたくないという気持ちにも通じています。

現在の職場や環境に対して不満が募って痛みがでることもあります。この場合、複雑なのは職場にいる同僚や上司、取引先などに対するストレスだけでなく、それを蔑む自分に対するストレスを抱えている場合があります。脳の血流が悪くなるにつれ、他人を蔑んだり、自分を蔑んだり、怒りとして出たり、実に複雑な精神状態になってしまいます。人によっては何かの依存症が出ることもあります。ギャンブルなどの依存症を発症すると、さらに脳の問題は深刻になり、自分に対してうそをつくのが当たり前になり、破滅への道を歩んでいくことになるのです。

光線療法を継続して行うことで脳への血流が改善されることは実感していただけると思います。そしてここからが重大なのですが、痛みが消える人は必ずと言ってよいほど、心の中で大きな変化を感じます。

自分の脳が訴えていたことは何かがわかった時に一気に上昇気流に乗ります。これはどなたでも感じられます。もう大丈夫という確信が生まれてきて、痛みが多少出ても時間の問題だと思えるようになり、すっかり余裕を感じられるようになります。

自分の性格と言われるものは、実に長い時間の蓄積により、できています。簡単に修正などはできないのです。それを無理にしようとすれば抵抗に合います。強い善良主義にさいなまれていたということに気づいたとしたら、そこに至る道のりがあり、いろんな出来事や人の影響などを通して作られたものであって、そのひとつひとつは決してゴミではありません。その影にはいくつもの学びがあり、素晴らしい思い出としての普遍的な記録であって、消去しょうとすることもないのです。ただ受け止め直すことが大切です。今、理解できることを受け止めなおすこと、で消化していきます。そして、縁のあった方に対して肯定的な気持ちを持つことができると、その時にやり残していたことが終わりに向かいます。

現在の職場や環境がとても我慢できないものであった場合、その環境を捨て、新しいものに変えていくことがベストの選択ではないかもしれません。

新しい視点で見れば、自分を生かせる場が実は前から用意されていたということに気づくということもあります。

すべてに意味があって、その場に置かれたということは、決して苦しみだけが存在するためであったわけではないのです。自分を生かす道があったのに気づかなかっただけかもしれません。

脳が誤作動を起こしている理由は人によって様々です。しかし、人間は同じ社会に生きていて多かれ少なかれ影響しあって生きています。ストレスも一人だけのものではなく、社会全体のものであることが多いのです。一人の人が何かに気づくと、多くの人が同じように気づきを得ることができます。今回の病気を通してきっと何か本質的なことに気づくと思います。それは自分の脳が教えようとしていることです。それはきっと素晴らしい財産になります。病気ななったということは決して不幸なことではなく、新しいものに出会う準備ができたというメッセージだと思います。

脳の誤作動を止めることを急いではいけません。まずは脳への血流を促して、泣き叫ぶ脳を抱きしめてあげることです。それは無理をしていた自分に気づいて受け入れてあげることです。それができないと痛みは収まりません。脳が泣いているのですから、意識を合わせれば泣きたい気持ちが湧き出てくると思います。その場合は思い切り泣きましょう。この社会には実につらいことが多いのです。つらいと思わない人はいないと思います。毎日誰かが殺され、詐欺があり、大切な人が自殺をする、そんな社会で脳を正常にしていくのは実にたいへんなことです。

痛みを通して無理をしていた自分に気づいて、本当の自分に戻る。無理せずに等身大の自分で生きるということに気づいて、私の激しい痛みは消えていきました。私は自分の人生が嫌いで自分を許せないという強い思いがたくさんありました。でも自分をゆるすことは自分ではできない。これまでの自分も、今の自分もそのままで受け入れるというところから脳が泣きやんで行ったのです。

間質性膀胱炎とうつ病

間質性膀胱炎とうつ病の関係について書いてみたいと思います。

 

間質性膀胱炎というのは本来、膀胱に器質的な損傷があり、それによって痛みや不快感が続いている病気のことを言います。しかし、間質性膀胱炎と診断された方の大部分の方が具体的な治療法に出会えず、長年苦しんでおられます。器質的な損傷は確かにあると診断されたとしても、それが痛みの原因であるとは限りません。実は膀胱はなんの問題もないのかもしれません。

 

そのため、手術やその他の処置をしても痛みが消えず、逆に過敏になってしまい痛みが増加するというケースもあるのです。

 

お医者さんからしてもなかなか原因が特定できず、悩ましい病気として理解されています。何が真の原因なのかわからないまま、手術や薬物療法に活路を見出そうとしますが、迷走を繰り返しているのです。

 

事実、何年も痛みが消えずに病院を変えては検査を繰り返している人がたくさんいます。そのうち精神的につらくなってしまいうつ病を発症してしまうケースが少なくありません。

 

間質性膀胱炎に限らずほとんどの慢性痛の原因は患部にはありません。原因は脳にあります。脳が患部に痛みを出しているだけなのです。なぜ、脳に痛みを出さずに患部に出すのか?その理由のひとつは脳には痛みはでないからです。脳自体が痛くなることはありません。

 

脳はストレスをこれ以上受け入れないと判断した時に痛みを体に発生させることがあるのです。これは医学的にもずいぶんと知られてきている事実です。

 

実際に脳への治療を的確に行うことで、あらゆる患部の痛みが消えていく実例がたくさんあります。私自身も間質性膀胱炎や慢性前立腺炎と言われ、痛みで苦しんだ経験があります。私は苦しんだあげくに脳の誤作動で起きる痛みの仕組みに気づき、的確な処置をすることで完全に克服することができたのです。

 

脳の誤作動がおきている状態というのは脳内神経伝達物質の分泌に異常が出ているということです。実はこれはうつ病を発症させる状態と同じなのです。

 

つまり「うつ病」として現れるか、慢性痛として現れるかは紙一重です。そのうちどちらも発症してしてしまうということもよくあるのです。

 

治療法はうつ病と同じと言ってもいいと思います。しかし、それは薬物療法がすべてではありません。できるだけ薬を使わずに自然療法で治した方がいいのです。薬では根本的な解決にはなりません。一時的に症状を抑えているに過ぎないのです。

 

ですから、長年薬を止められずにいるか、止めてもまたすぐに薬が必要になってしまうのです。薬を飲まずに自然療法だけで治すと言うのは簡単ではありません。どんな療法がいいのか、それがわからなければ時間がかかってしまい、その間に悪化してしまうことも考えられます。ぜひ、当ホームページのその他の記事をご覧になってください。必ずヒントが書いてあります。

 

また、詳しいカウンセリングや施術に興味がある方はお問い合わせいただけますようお願いします。

間質性膀胱炎の症状を抱え、地獄を味わった私がいかにして克服したかという体験記です。あくまでも個人的な体験、考えに過ぎませんので、参考になったと喜んでくださる方が一人でも多くいらっしゃることを願って書いています。

 

原因についてのページで脳の誤作動について提起させていただきました。これをどのようにとらえるかはみなさんの自由です。私は脳の誤作動によって間質性膀胱炎の症状はすべて発生することがあり得ると思っています。

 

また膀胱に炎症があったとしても、治らないのは生体バランスの崩れ、主に自律神経の崩れと免疫系統の崩れだと想像することができます。なぜなら人間の自然治癒システムでは炎症であれば一か月以内で治ります。なぜ炎症が治らないのかそこに問題があります。また膀胱が収縮していて元に戻らないという説明を受けることがありますが、人間の体はあるべき状態に自然に整えられるシステムが働いており、血液のミネラル濃度や体温なども、この恩恵によって支えられています。

 

胃が悪いと意識すると胃はもっと不調を訴えてきます。胃にしても膀胱にしても忘れていた方がいいのです。全体を見てバランスを整え、自然の治る力に任せるということが治癒させていく上で大切な考え方ではないでしょうか。

 

これらも含めて脳の誤作動が起きているとお考えください。

 

脳の誤作動を止めることができれば、すべての症状から解放される方がいると私は思っています。しかしこれは私の考えに過ぎません。みなさん一人一人が考え、選択することです。

 

結果として私の改善プログラムを3か月以上続けてくださった方の9割に改善が見られます。ご本人がそれを認めておられます。

その中には病院での検査を受けて膀胱に器質的な変化があり、水圧拡張手術や薬物療法の継続をしている方も含まれます。間質性膀胱炎という診断を受けた方で当院に通われた方の9割が喜んでおられるのを見ると、ほとんどすべての患者さんに当てはまる可能性を感じます。

 

但し、完治はその中の一部です。完治に至るまでにはもっと健康に対する意識を高め、毎日自分の課題に取り組む必要があると思っています。少し改善されたことで油断してしまう人が多く、根本的なストレスをいつの間にかため込んでしまっていることがあります。

 

また膀胱や泌尿器系にやはり多少の問題があって完治しないこともあると思いますが、改善はするのですから、そこから完治させていくことへの大きなステップを踏んだことになると思います。何度も書きますが、脳が緊張状態、うつ状態になると免疫系統にさえ影響が出て、治るものも治らなくなってしまいます。まずは脳と自律神経を落ち着かせることからだと思います。

 

いずれにしても「仕事に復帰できた。」「旅行に行くことができるようになった。」「お芝居を見に行くことがもうできないと思っていたのができるようになった。」など、生活に支障がないところまでは感じられています。

 

改善を認めることができない方1割に関しても「よくなっているところがあるのは認める。でも今度はこっちが痛い、ここが調子悪い」などと言われるケースが多く、私から見ると死にたいほど辛かった膀胱の違和感が他のところに移っているケースが多くあります。本当はそれでよくなっていると感じるところなのですが、事態の収束が感じられないのは、まだ脳が誤作動を続けているからです。

 

このような方の特徴として、どこかの不調が気にならなくなると、別のところが気になる、ということを繰り返します。首が気になったり、腰が気になったり、胃が気になったりしますが、その時はそれぞれが深刻に感じるのです。

 

ここで大切なのは認識です。一歩引いたところから自分を客観視し、これは脳が違和感を作っているのではないかと疑ってみることです。

 

「このプログラムに出会っていなかったら私は死んでいた」とおっしゃる方も少なくありません。このような言葉を聞くたびに私はもっと情報発信をしなければと思います。

 

私がご提供する改善プログラムは血流の改善、自律神経の改善、そしてストレスの向き合い方のコーチングになります。はっきり書きますが、私の考えをヒントにご自身で改善プログラムを考えて行おうとする方がいらっしゃいますが、あまりよい結果は出ません。血流を改善する。自律神経を改善すると言っても簡単ではないからです。自律神経を改善するという健康法に通っても結果が伴わないことがよくあります。もちろん個人差がある話です。しかし血流を改善する、自律神経を改善すると聞いて、それなりに試みて、やっぱり違うようだと通り過ぎてしまう人がいるのは残念です。

 

すべてはやり方次第です。そのため改善プログラムを作ったのです。また徹底して行う必要があります。ちょっとやったぐらいでは体は変化しません。そのことを知ったうえで取り組んでいただきたいのですが、まず信じることから始めなければなりません。治る道は決してひとつではありませんが、信じる道を根気よく進む気持ちがないと何事も成就しないことはお伝えしなくてはなりません。

 

またストレスとの向き合い方についても一筋縄でいくものではありません。この病気特有の精神的な不安定といかに向き合うか、私は強い不安恐怖症、パニック障害を発症しましたが、向き合い方だけですべてを克服することができました。このやり方はシンプルですが、コーチングが必要です。私が知る限り本屋さんで売っているような本に出ている内容とは違うものです。プロのカウンセラーでもご自分が体験していないのですからわからないものだと思います。

 

私は何よりも「ゆるすこと」が大切だと思っています。自分以外の誰か、自分自身、何かの出来事、状況などに対して受け入れることができていなかったと思います。ゆるすことができれば痛みも消えていくことがあります。

 

また抑えきれない不安とどう向き合うか、これも大切です。決して不安に背を向けず、戦おうともせず、無抵抗になってただ眺めることが大切です。私はこれらのことを禅から学びました。ご希望であれば瞑想をお教えしますが、瞑想をしなくてもストレスを手放すことは可能です。普段の生活の中で禅的な意識を持ち込むこと、これは修練ではありますが、治らないと思われていた精神疾患でさえ改善します。

 

また私は自分自身が体験したように、何もできなくなってしまった状態について理解しています。気が枯渇してしまい、ホルモンの分泌が異常な状態の方に瞑想をさせたり、運動をさせたり、行動をさせたりすることが逆効果になることも知っています。

 

この場合どうすればよいか

光線療法の登場です。光線療法はただ寝て受けていればよいので最も楽に失われていたバランスが戻ります。この光線療法の力を私はもっと知っていただきたいと思っています。

 

光線療法については他でも書いていますが、太陽の光を応用した医療機器で人工的に光を照射させ温熱効果や光による人体への化学反応を促す療法です。実は自律神経の不調を実感されていて、以前のように明るい気持ちになれないなど脳内神経物質の異常が考えられる、その上膀胱などに不調を抱えている場合、光線療法がとても合います。これは個人的な感想に過ぎないと書かざるを得ませんが、明らかに光線によって改善したと実感されている方が多くいます。

 

その理由としてはやはり生体バランス、生体リズムの調整が効果的だと考えられます。もちろん自然の太陽光を浴びるのはもっと大切です。

 

太陽の光は健康には不可欠です。太陽の光を遠ざけると病気になるのです。これはようやく最近医学的に認められてきていますが、本来なら肌で感じなければならない問題なのでしょう。

 

現実に自然の日光浴で病気を治していくのは難しい環境におられる方がほとんどだと思います。そのため室内で長時間、光を浴びることができる光線療法が選ばれるのです。

 

この光線療法は決して最近できたものではありません。約100年の歴史があります。そしてこれまでに病院で治らなかった病気が改善した例は疑いなく多く存在するのです。

 

実際に想像もできないほど深刻な疾患を改善させている例があります。ここでは書きませんが、光線療法について調べると様々な情報が拾えると思います。当院においても命に係わる病気が改善、完治した例がいくつもございます。

 

またスポーツ界では意外と知られていて、有名スポーツ選手の中で愛用されている方が結構いらっしゃいます。

 

またヨーロッパでは古くから知られていて、治療器として日本より認知されています。

 

このように光線療法は古くから伝わってきているもので安心なものです。なぜあまり知られていないかというと日本人は病院を過信することが多く、現代医療が最善であるという情報が常識化されています。またお医者さんの興味の対象になっていないため、知る機会が失われているのです。

 

どうすることもできないほど弱ってしまった方でも少し時間は掛かりますが、光線療法を受けていれば自然に気力が湧いてくるという体験を多くの人がしています。また不安を拭えなかったり、受け入れられなかったりする場合、どうしようもなく脳が緊張状態になっている可能性があります。

 

この場合、いくら理想通り禅的な瞑想をしようとしても、行動療法をしても、よい方向へ向かないことがあります。私は光線療法が切り札だと思っています。

 

光線療法についてもやり方が大切です。そのため、できれば私の指導を受けてください。どのように行えばよいのか、これまでの経験値を元にアドバイスを差し上げることができます。

 

また光線療法だけで完治を目指せるかというと、私はそうではないと思っています。改善は見込めます。しかし完治に至るまでは理想通りにはいかないことがあります。やはり改めるところは改めるということが必要とされているのではないでしょうか。

 

私自身の話になりますが、光線療法に出会い、病院治療を止め、毎日光線治療器3台で光線治療を自宅で続けました。3か月は変化がないどころか好転反応で苦しみました。体の悪いところが浮き彫りに出たのです。それでもこれしかないと信じて、やり続けました。3か月を過ぎたころ、精神的に少し余裕が出てきたのです。それまで笑うことも忘れていましたが、笑顔が出てきました。

 

そして弱音を吐き、死ぬことばかり考えていた私が弱音を吐かなくなり、大丈夫な気がすると言い出しました。できる限り自分のことは自分でやり、できる限り歩いたりストレッチをしたり、食べ物を改善したり、悪い情報をカットして好きな動物番組や自然の風景の動画や、音楽などを選び、自分の体に「必ず治してあげる、まだまだ人生を楽しもう」と語り掛けました。

 

周りの家族や自然に食べ物に感謝することを思い出しました。そして自分が陥っていた完璧主義に気づき、自意識がいかに自分を苦しめていたか気づきました。

 

完璧主義に気づくこと、必要のない自意識(自分がどう思われているか、勝っているか負けているかなど)がいかに慢性的なストレスとして自分を苦しめていたか、はとても大切なことで、私の対話プログラムの重要な部分です。ブログなどでも取り上げていますので読んでみてください。またこれらの慢性ストレスによって間質性膀胱炎に限らず、解明されていない様々な難病が作られている可能性についても今後書いて行きます。

 

その頃、神経内科のお医者さんに脳の誤作動について話を聞き、私は膀胱が深刻な病に掛かったという呪縛に陥っていることに気がつきました。

 

それからは毎日よくなっていく一方でした。完治まではまだ時間が必要でしたが転げ落ちていくように感じていたのが、どんどん浮上しているように感じだし、毎日幸せを感じられるようになっていきました。

 

どのようにして脳の誤作動を解除しストレスを手放したかは書ききれません。でもヒントはいっぱい書きました。私のところにいらっしゃらなくても、どなたかに希望を与えることが少しでもできましたら本望です。

 

ご縁を感じる方がおられましたらぜひ私の改善プログラムを受けていただければと思います。

PROFILE

筆者紹介

小池 秀効

小池 秀効 [ Shuko Koike ]

今現在、さまざまな病気で苦しみ、ようやくの思いで命をつないでいる方に、自分の持つ自然治癒力を信じ、必ず良くなるという強い気持ちで、治癒への道を歩んで頂きたい。その一念で、光線療法院けろぴーは始まりました。

光 線療法とは、太陽光線を人工的に作り出す光線機によって天候、季節を問わず太陽光を浴びることで、人体の自然治癒力を最大限に高める療法です。私自身が、 この光線機のおかげで絶望の淵から蘇ることができました。病状によって一人一人たどる道は異なっていても、自らの経験を通し一人でも多くの方のお役に立つ ことができれば、と心から願っています。

「光線療法院 けろぴー」代表、光線療法師、回復トレーナー

私自身が、絶望の淵から蘇ることができました。病状によって一人一人たどる道は異なっていても、自らの経験を通し一人でも多くの方のお役に立つことができれば、と心から願っています。小池奈美(女性療法士)が女性の方はお世話いたします。

光線療法院 けろぴー

光線療法院 けろぴー [ 田園調布 ]

「光線療法院 けろぴー」へのアクセスはとっても簡単。東急東横線/東急目黒線 「田園調布駅」東口を出て、右手に見える田園調布商店街の坂をまっすぐ下ったその先にあります。閑静な住宅街でリラックスしながら光線治療が受けれます。

ホームページ:http://keropi.tokyo

住所:〒145-0071 東京都大田区田園調布2-47-13(地図:Google Map) / TEL:080-5185-5100

BLOG

克服・体験記 / 筆者の想い

  • 2018年11月29日
    私の専門は手技整体術

    改めて書きますが私の専門は手技整体術です。カイロプラクティックの技術を学び民間の資格も持っています。

     

    しかしカイロの技術はほとんど使わずに自律神経と血流を改善する手技を追及しています。(マッサージのようなものをイメージしてください)

     

    手技によってあらゆる体調不良、精神的な不調によい作用が期待できます。これについては証拠があるわけではありませんが、お受けになられると実感されるこ ... [続きを読む]

  • 2018年11月28日
    間質性膀胱炎 膀胱に何が起きているのか

    当院では間質性膀胱炎の患者さんが全体の半分を占めており、様々な状態の方がいらっしゃいます。

     

    間質性膀胱炎と診断されたとしても膀胱にどれくらい異常があるかは個人差があるようです。

     

    病院で明らかな炎症や硬直などがあると診断された方、検査でははっきりとわからない程度の変化だが、症状があるため間質性膀胱炎と診断される方といます。

     

    膀胱にはっきりと ... [続きを読む]

  • 2018年11月26日
    間質性膀胱炎は難病なのか

    間質性膀胱炎と診断された方は毎日のつらい症状に加えて、治りにくい病気と知って不安の中におられると思います。

     

    私の意見が正解とは言いませんが、ひとつの可能性としてぜひお読みいただき、今後の治療に生かしていただければと思います。

     

    これまでのブログや本文にも書いてきましたので、ここでは詳しく説明しませんが、間質性膀胱炎の症状は自律神経の異常と血流不足、そこから生じるホルモン分泌異常 ... [続きを読む]

  • 2018年11月15日
    間質性膀胱炎と診断されたとしても

    間質性膀胱炎と病院で診断されたとしても、実際にあなたの体には違うことが起きている可能性があるのです。

     

    あくまでも可能性に過ぎませんので、お読みになる方、一人一人が自分で判断していただく問題であることを最初に断らせていただきます。患者さんを惑わす気や、医療関係者を批判する気はございません。

     

    血流と自律神経の改善を徹底的に行ってみてください。私の知る限り、多くの方がつらい症状から ... [続きを読む]

  • 2018年11月12日
    なぜ自然治癒しないのか?

    膀胱に炎症や収縮、硬直があったとしても、なぜ自然治癒しないのか、不思議に思いませんか?

     

    なぜ病院で外科的な処置をしないと治らないのか、薬を続けないと治らないのか、疑問になりませんか?

     

    他の怪我や感染症と同じように、これで治ると思ったのは最初だけで、何度外科的な処置をしても薬を続けても改善しないことがわかり、とたんに不安に陥っている方も多いと思います。

      ... [続きを読む]

CONTACT

お問い合わせ

当サイトの運営元「光線療法院 けろぴー」へのお問い合わせはこちらから