はじめに

For cases

間質性膀胱炎と食事療法

間質性膀胱炎を克服する上で大切な食事療法について書いていきます。

 

間質性膀胱炎に関わらず、慢性病の原因は血液の汚れです。それによって血流が悪くなり、内臓機能が落ちます。また、脳への血流が悪くなり、脳の酸欠が起きます。それによって脳内神経伝達物質の分泌異常がでるのです。

 

これによって慢性疲労のような症状や、うつ病のような症状が出ます。場合によっては気持ちの落ち込みではなく、そう状態が出る場合もあります。この場合、興奮が続いてしまい、しゃべり続ける、動き続けるというような行為が出ます。

 

そして痛みが出る仕組みもこの脳の酸欠から起きた脳の誤作動である場合が多いのです。すべてがそうであるとは言いませんが、私の感覚では8割以上がそうであると思います。もし、患部に異常があるとしても、本当はそんなに痛みが出ることはないのです。痛みを大げさに増幅させてしまっている原因、それが脳の誤作動なのです。

 

食事療法だけで治すのは簡単ではありませんが、基本は食事です。食事が悪ければいつまでも不調が続いてしまいます。ですから食事を見直しましょう。

 

何よりも腸の環境を整える食事を心がける必要があります。

腸には細菌がたくさん住んでいます。それらは善玉菌と言われる体にいいことをしてくれる細菌が全体の2割、反対に体に悪い影響を与える悪玉菌が2割、そして日和見菌といわれるどちらにも変わる細菌が残りの6割と言われています。

 

日和見菌は善玉菌が悪玉菌より優勢の時に善玉菌の見方をしてくれます。反対に悪玉菌が優勢になってくると悪玉菌の見方に変わるのです。ですから善玉菌を常に優勢にしておかないといつのまにか悪玉菌が増えて来て大きな病気の原因となってしまいます。

 

よく言われているのは乳酸菌です。最近のヨーグルトは研究が進み、実際に善玉菌が増えると実証できているものもあります。

 

また日本古来からの食品、ぬか漬け、納豆、麹菌などもとても腸をよくしてくれます。動物性食品は悪玉菌のえさになってしまいますので、最低でも半分以下に抑えたいところです。すべてを野菜中心にするのは簡単ではないと思います。無理をせずに、全体の2割くらいに動物性食品を抑えることで、腸環境は大きく変わります。

 

また、断食によるデトックスもとても有効です。無理をせずに半日断食で十分です。空腹の時間を多くとることで血液はきれいになります。

 

ミネラルの補給はとても大切です。特にカルシウム不足は大きな原因です。カルシウムは人間の体にとって最も大切なミネラルだと言って過言はありません。

 

血液や骨のほとんどはカルシウムでできています。そして血液のカルシウム濃度は常に一定に調えられています。しかし外からのカルシウム摂取が不足してくると、体内でカルシウム濃度を一定に保つことが難しくなり、ホルモンバランスが崩れるのです。これによりうつ病や慢性痛が現れのです。

 

カルシウムは海草類や大豆食品などに多く含まれています。サプリメントでも補うことはできますので、今すぐに取り組むべきです。

 

また、緑茶はとても有効です。緑茶の成分がうつ病や慢性病改善に効果があることは最近になってわかってきました。日本人にとって最も身近な緑茶ですが、コーヒーや紅茶、その他の健康茶に市民権を奪われてきています。今こそ緑茶を見直すべきなのです。

 

その他の情報につていはぜひお問い合わせください。

間質性膀胱炎 治し方

慢性痛の原因はほとんどの場合、患部には問題がなく、脳の誤作動によって痛みを出していると考えられます。私自身の深刻な神経痛は脳の神経伝達が正常になるに連れてうそのように痛みが消えて行きました。

私自身、患部に問題がないとは到底考えられませんでした。確かに痛みは患部から感じます。脳はそれに対してもっと悪化するのではないかという恐怖を生み出します。本来は脳の誤作動で痛みが起こっているのですが、脳に振り回される格好になり、生活の質が著しく落ちることになります。

脳の誤作動で起きるというのは医学的にも認められています。私と同じように深刻な慢性痛から健康な状態に戻った人もたくさんいて、痛みが消えてしまえばそれが脳によって作り出された幻のようなものであることが理解できるのですが、その最中にいる人にはなかなかそれが信じることができません。なぜなら脳が痛みを感じる仕組みを自分自身が何度も上書きを繰り返し、より強い癖として刷り込んでいってしまうからです。

これは脳のトリックとも言えるかもしれません。本来は痛みを感じるほどの損傷などないのに痛みを通して深刻なことが起きていると刷り込まれていくのです。自分の脳ですから脳から出る信号はすべて自分だと信じるのが当たり前です。それに対して否定することは正しいことのようには思えません。つまり、脳の誤作動による不健康な情報を真実として疑うこともなく思い込んでいるのです。

自分の脳であって自分ではないという角度からアプローチすることがとても大切です。つまり、脳は時として誤った情報を体に投げかけてくるということがあるのです。その誤った情報と同化することで不幸が生まれます。最初は小さな情報だったのが、自分の意志の力で大きな情報に強化していくことで痛みが増幅し、より複雑化し、難病として作り上げてしまうのです。これは慢性痛だけに言えることではありません。免疫の異常、脳神経の異常などとして現れることもあるため、うつ病や認知症、パーキンソン氏病、膠原病、ガンなどを作り上げていく原因にもなりうると私は思います。

すごく大切なのは誤作動を起こしている脳に気づき、認め、同化しないという意志を明確にし、同時に脳の誤作動を正常に戻していくことなのです。脳の誤作動と同化しないことができたら痛みは消えていきます。しかし現実的にはそれは無理です。痛みが増幅しなくなる。ある程度痛みが現れると痛みが消えるという現象が起きると思います。これまでは痛みと同化していました。それにより深刻な精神状態になることでさらに脳の誤作動が強くなっていたと考えられます。

脳の誤作動を冷静に認められると深刻にならなくなります。そうすると少しづつ脳の誤作動が落ち着いてくるのです。完全には収まらないと考えた方がいいでしょう。この段階ではそうです。しかし、痛みを客観視できるようになることで痛みをコントロールできるきっかけが生まれたと思います。

脳の誤作動は已然続いています。それは簡単には治りません。これにはかなりの個人差があります。患部には問題がなく、脳の誤作動で痛みを出していた。だから深刻に考えなくていいんだ。痛みが出ても脳に語りかえれば消えていくんだ。これで痛みが消えていく人も多くいます。

しかしこれで痛みが消えなくても心配はいりません。少し脳の誤作動が強くなっていただけです。次の段階へ進めばいいのです。

脳が誤作動を起こしていた原因にアプローチできれば、驚くほど速く痛みが消滅していきます。それは脳が痛みを出すほどに誤作動を起こしてしまった原因、心の問題に気づくことです。

ここで、大切なことを書きます。この段階を心観る場合、あることを同時に行う必要があります。それは脳への血流を促す行為です。

これをやらずに心の問題のみを掘り下げようとすると時間が掛かるだけではなく、さらにこんがらがってしまうこともあります。なぜなら心の問題が生じると同時に血流の悪化が生まれ、それにより誤作動が生まれますので、血流を促さなければいくら心の問題を見つめようとしても脳が働いてくれません。どうしてもネガティブになり、過敏になってしまうのです。脳への血流を促す行為と心の問題へのアプローチは同時に行うべき、これが私が闘病の中で得た極意です。言い方を変えれば脳の血流がよくなれば心の問題も別の角度から見ることができるようになり、消化しやすくなります。本来自分の性格だと思っていた悪い部分は脳の血流が悪くなることによって必要な脳内神経伝達ができなくなり起こっていたのですから、それを問題視することは間違いです。

脳への血流を促す行為は一つではありません。しかし薬はお勧めしません。できる限り自然療法を試みるべきです。

私はあらゆる情報を集め、様々なことを試みましたが一番確実に効果があったのが光線療法だったのです。これについては今回は深く書きませんので以前のブログを読んでいただければ幸いです。

脳への血流が促され、脳内神経伝達物質がよくなっていくと同時に心の問題を見つめる必要があります。しかしこれにはやり方が重要です。私もたくさんのカウンセラーの方と話をしましたが、心理学では限界があると私は思っています。

ストレスというか心の傷というものは繊細に取り扱わなくてはならないものです。扱い方を誤ると苦しくなっていきます。それほど複雑なものがあると私は思っています。そしてそれが痛みの原因になっているということはまず間違いありません。私の場合、脳の神経伝達が悪化するに連れて、悪い部分が浮き彫りになってきました。例えば怒りっぽくなる、失敗するのではないかという不安が強く出るなどでした。

周りにそれを指摘され、考え方を治せばよくなると言われました。そのうち心が変わらないと病気もよくならないと言われました。そして私は自分の中にある潜在意識を見つめてしまい、深刻な精神疾患を進行させ痛みを増幅させてしまいました。そうなると心理学ではお手上げです。

結局カウンセリングは人間力だと思いました。マニュアル通りに行かない患者が出た時に次のアプローチができる人はそうはいません。体験を繰り返して深く学んでいる人や、心理学とは離れたところで愛を深めている人でなければ何もできないということがあると思います。

ここでは書ききれませんが、私は自分の体験を通して、慢性痛を強く発症している心の状態について深く学ぶことができました。そして、それは巷で言われていることとはかなりかい離があります。幼少期に受けた両親からの影響についても深く関連があると思います。しかしそれを思い起こしても解決はしません。記憶を呼び戻しても消化することはできません。それよりも今の自分にアプローチすることの方が重要です。

ここでは詳しく書けませんが、かならず痛みは消えていきます。角度さえ合えば痛みは去っていくのです。私は自分しか頼れる人がいない中で、散々アプローチを誤り、どん底まで落ちたところで、やっと自分の脳が訴えていたことに気づき、その角度に焦点を当て続けることでうそのように痛みが消えていったという経験をしました。それは現在私のところへ来られる同じように痛みで苦しまれる人にも効果を発揮しています。

実際にはもっと具体的にアドバイスをしていくことが可能です。そのためにはぜひ私に会いにきてください。一緒に乗り越えることが必ずできると思います。ただ、私が心がけているのは、その時に必要なことだけを言うこと、です。言い過ぎてもよくないのです。必ず自分の脳が教えてくれます。誤作動を起こしながらも教えてくれるのです。そして人に言われるよりも確信として芽生えることが大事だと思います。ですので、ぜひいろいろと質問をしていただきたいのです。質問に対して私なりの考えを述べさせていただくやり方がベストではないかと思っています。

ここまでのアプローチでかなりの方が何かしらの効果を感じていただけます。実際にうそのように痛みが消えてしまう人もいれば、部屋から出れなかった人が自由に動けるようになるようなケースもあるのです。

しかしながら、さらに奥の手があります。奥の手ですのでここでは明かせませんが、ここまででびくともしない人でも奥の手で改善します。私自身は深刻な状態でしたのでさらにやることがあったのです。

私は若いころから自然療法について興味があり、たくさんの先生に習い、ヒーリングの仕事も10年以上ついていたことがあります。しかしその当時は病気に対しての理解が足りず、マニュアルで応対するしかありませんでした。それでもどこに行っても良くならない難病の方がたくさんいらしてくれました。どうにかしてよくなってもらいたいという一心で応対しました。しかし、今思い起こすと当時の私は何も知らなかったのです。私の先生方も知らなかったのだと思います。私はただ自分のできることを精いっぱいやりました。主にはカウンセリングと気功、カイロなどでした。しかし、私はこの道を極めることができるとは思えず、30半ばで一般企業へ転職しました。そして紆余曲折を経て自分が大病をし、その最中実に大きなことを学んだのです。若いころの私は難病の方がいらしても治るかどうかなどわかりませんでした。そのことを考えるのも止め、ただベストを尽くすことだけをしていました。

現在の私はどんな状態の方が来られても動じなくなりました。私に与えられた力が役に立つからこの方はここへ来られたんだということが、疑いなく思えるようになりました。そして私は自分の天命がここにあるということがわかったのです。

間質性膀胱炎 東京

間質性膀胱炎やその他の慢性痛で長年苦しんでおられる方が当院にはよくいらっしゃいます。

 

当院は東京大田区田園調布にあるセラピールームです。自然療法により自然治癒力を蘇らせることを目的に施術を行います。

 

病気になったのには理由があります。その原因を知り、病気を克服していくのは患者さん本人です。本質的には誰も助けることはできません。自分で治すという原点に気づいた時、信じられないくらい強い自然治癒力が蘇るのです。

 

自然治癒力で治せない病気はないのです。その力を信じようとせず、病院に頼ってしまうから長年慢性病と付き合わなくてはならなくなるのです。薬で治る病気はありません。その時の症状を抑えるだけです。反対に自然治癒力、生命寮はどんどん低下していっているのです。

 

生命力を高める方法はたくさんあります。当院ではあらゆる角度から病気を克服するお手伝いをさせていただきます。どの方角に進めばよいのか、今、何をするべきかがわかれば、自分の力で治すことができるのです。

 

そのためにはカウンセリングにより痛みや不安の正体をつかみ、消化していくことが大切です。それを行いやすくするために全身の血流を促し、ホルモンや自律神経のバランスを調える施術を行います。具体的にはヒーリングマッサージや光線療法による治療です。

 

私のマッサージは全身を基本的に行いますが、人によっては足部を重点的に行ったり、頭や頸部、背中や腹部などを重点的に行うこともあります。慢性痛で苦しんでおられる方は自分でもわからないほど実は体が緊張しています。特に脳が緊張しています。言い方を変えれば精神的に疲れているのです。リラックスをしたくてもできない状態が続いていませんか?緊張が取れて、体がゆるむと脳内ホルモンの分泌が正常になってきます。この時自律神経のバランスや強度の冷え性などが改善されていることを感じるでしょう。

 

光線療法については当ホームページをご覧ください。

間質性膀胱炎は治らない病気ではありません。事実、快方に向かっている人がたくさんおられます。お気軽にご相談ください。

間質性膀胱炎は治りますか?

当院には慢性痛で苦しみ、どうしょうもないつらさを感じて来られる方が多くいらっしゃいます。その中でも慢性前立腺炎、間質性膀胱炎の方は特に多く、その他に、原因不明の腰痛、坐骨神経痛、その他の神経痛の方、ガンに伴う痛みを抱えた方なども来られます。

原因不明の痛みの場合、ほとんどが脳の誤作動により痛みが作られているのですが、その事実に行きつく人は少なく、また行きついたとしてもそれを正常に戻す方法がわからないのです。私は自分自身が壮絶な闘病を経験し、そこから知りえたことを患者さんにお伝えしています。これまでたくさんの方が快方に向かっているのを見ると、お伝えするに値するという確信が強まり、遠方におられて来られない方にも何かの力になればと思い書いています。

脳が一度痛みを出す神経経路を作ると、それを上書きしていき、強い神経経路を作ってしまいます。最初は現れれは消える程度の痛みだったのが、少しづつ、痛みが強く継続するようになり、悪化すると一日中痛みが続くようになります。場合によってはこれまで痛みを感じていた箇所以外の所にも痛みを感じるようになり、ほとんど全身に痛みを感じるようになるケースもあります。本人からすれば、明らかに痛みがあり、患部に原因がないということは信じられないかもしれませんが、ところが実は原因は脳にあり、患部に問題があることは珍しいのです。少なくとも手術や薬物治療を継続していくほどの原因はないケースが多いのです。

それなのに患部に対する対処療法を長期間続けてしまい、薬害による深刻なダメージを受けてしまうことがあります。また、長期間にわたり痛みを感じ続けることで精神的な病気を発症してしまうケースもかなりあります。

また、薬物治療により内臓機能の低下、免疫機能の低下などが起きてしまい、あらゆる体調に悪循環が生じてしまうこともあります。

慢性痛は治らないものとだんだん思い込みが強くなり、その思い込みに比例して悪化してしまうのです。精神疾患を伴うと本人にしかわからない苦しみが続きます。自殺する人が多いのも事実です。

しかしながら、慢性痛に対する研究も進み、これまで完治が難しいと思われていた病気も完治する人が多く現れています。私もその一人です。私の痛みはとてもひどいものでした。精神疾患も重く患ってしまい、廃人になる寸前まで行ったのです。そこから完治するまでの道のりは決して簡単ではありませんでしたが、治癒していくプロセスの中である確信が芽生え、同じように苦しむ方に力になることができると、ご指導させていただいています。

当院では光線療法を受けていただくことで脳への血流を改善する方法をまず第一にお勧めしています。しかしこれだけでは治りません。

脳が誤作動をしたのには原因があります。不規則な生活や、科学物質の摂取、運動不足や食事の偏りによる血流の悪化、そこから生じる冷え体質、しかし、すべての人にとってストレスの問題が原因の大きなものであり、その問題に対して理解する一歩がなければなかなか痛みは改善されません。完全に解決しなくてもいいのです。的確な角度での一歩が歩めれば脳が反応します。しかし、この一歩がなかなかわからないのです。

ストレスとは外的な問題に対する心と体のゆがみです。人間の体と心が共存した一つのエネルギー体があったとして、それが球体だとします。ストレスはその球体をゆがめるエネルギーです。

少々のストレスであれば一時的にゆがみが生じても自然に球体は元に戻ります。しかし、定期的に継続してゆがみが続くと、元の球体に戻ることができずにゆがんだ状態のままになってしまいます。これが病気につながります。例えを変えると、ゆがんだ状態というのは脳が泣き叫んでいる状態なのです。自分の脳なのにその原因がわからない。

まるで自分の赤ちゃんが泣いているのに、何をしていのかわからない親のような状態です。脳が泣いているのはもうこれ以上耐えることができないからであって、決して楽観できる状態ではありません。

まず大事なのは泣いている脳に気づいてあげることです。なんでそんなに苦しいのか、今、それに気づいてあげなければ手遅れになってしまうかもしれません。

かなりの確率で慢性痛を抱えている方の中には自己処罰の思いが隠れていることがあります。

それに対してできることは自分へのゆるしなのですが、ゆるすもゆるさないもないということに気づくしかないのです。終わったことは思い返すことはないのです。ゆるすことに捉われるといつまでたってもゆるすことはできません。他人に対しても同じです。すでにゆるされているということに気づくことが何より大切なことです。

慢性痛を抱えている人の中には完璧主義が隠れていることがよくあります。完璧主義ではないと思うかもしれませんが、ほとんどの人が多かれ少なかれ完璧主義の種を持っています。他人は自分の思った通りにはなりません。それはみんなわかっていることですが、どうしてそうするの?なぜ、できないの?どうしてこうしてくれないの?なんでそっちなの?などと普段思うことが強ければ、より完璧主義が隠れていると思っていいと思います。その小さな積み重ねが大きなゆがみを作ってしまうこともあるのです。

その他、完璧な上司でありたい、いい父親でありたい、いい夫(妻)でありたい、などと無意識に思い続けることでゆがみを作り、それが脳の誤作動として現れることもあるのです。そして大事なことは完璧主義の自分に気づいてもそれを治そうとしないことです。治そうとすれば悪化します。簡単には治らないからです。無理をしていたことに気づくだけでいいのです。脳がないていた原因を理解してあげれば泣きやむのです。完璧主義は少しづつ小さくなっていきますので大きな問題だと思わないことです。大きな問題に自分がすることでまたストレスを作るからです。

善良主義も多く隠れている場合があります。これは自分がよく思われたいという欲求であり、これも多かれ少なかれ誰にでもあります。しかし、脳への血流が悪くなるにつれて、自分の思い通りにいかないストレスと自分を優れた人物と見せようとする思いが強く出てきます。それは、かっこ悪い自分を見せたくない、バカにされたくないという気持ちにも通じています。

現在の職場や環境に対して不満が募って痛みがでることもあります。この場合、複雑なのは職場にいる同僚や上司、取引先などに対するストレスだけでなく、それを蔑む自分に対するストレスを抱えている場合があります。脳の血流が悪くなるにつれ、他人を蔑んだり、自分を蔑んだり、怒りとして出たり、実に複雑な精神状態になってしまいます。人によっては何かの依存症が出ることもあります。ギャンブルなどの依存症を発症すると、さらに脳の問題は深刻になり、自分に対してうそをつくのが当たり前になり、破滅への道を歩んでいくことになるのです。

光線療法を継続して行うことで脳への血流が改善されることは実感していただけると思います。そしてここからが重大なのですが、痛みが消える人は必ずと言ってよいほど、心の中で大きな変化を感じます。

自分の脳が訴えていたことは何かがわかった時に一気に上昇気流に乗ります。これはどなたでも感じられます。もう大丈夫という確信が生まれてきて、痛みが多少出ても時間の問題だと思えるようになり、すっかり余裕を感じられるようになります。

自分の性格と言われるものは、実に長い時間の蓄積により、できています。簡単に修正などはできないのです。それを無理にしようとすれば抵抗に合います。強い善良主義にさいなまれていたということに気づいたとしたら、そこに至る道のりがあり、いろんな出来事や人の影響などを通して作られたものであって、そのひとつひとつは決してゴミではありません。その影にはいくつもの学びがあり、素晴らしい思い出としての普遍的な記録であって、消去しょうとすることもないのです。ただ受け止め直すことが大切です。今、理解できることを受け止めなおすこと、で消化していきます。そして、縁のあった方に対して肯定的な気持ちを持つことができると、その時にやり残していたことが終わりに向かいます。

現在の職場や環境がとても我慢できないものであった場合、その環境を捨て、新しいものに変えていくことがベストの選択ではないかもしれません。

新しい視点で見れば、自分を生かせる場が実は前から用意されていたということに気づくということもあります。

すべてに意味があって、その場に置かれたということは、決して苦しみだけが存在するためであったわけではないのです。自分を生かす道があったのに気づかなかっただけかもしれません。

脳が誤作動を起こしている理由は人によって様々です。しかし、人間は同じ社会に生きていて多かれ少なかれ影響しあって生きています。ストレスも一人だけのものではなく、社会全体のものであることが多いのです。一人の人が何かに気づくと、多くの人が同じように気づきを得ることができます。今回の病気を通してきっと何か本質的なことに気づくと思います。それは自分の脳が教えようとしていることです。それはきっと素晴らしい財産になります。病気ななったということは決して不幸なことではなく、新しいものに出会う準備ができたというメッセージだと思います。

脳の誤作動を止めることを急いではいけません。まずは脳への血流を促して、泣き叫ぶ脳を抱きしめてあげることです。それは無理をしていた自分に気づいて受け入れてあげることです。それができないと痛みは収まりません。脳が泣いているのですから、意識を合わせれば泣きたい気持ちが湧き出てくると思います。その場合は思い切り泣きましょう。この社会には実につらいことが多いのです。つらいと思わない人はいないと思います。毎日誰かが殺され、詐欺があり、大切な人が自殺をする、そんな社会で脳を正常にしていくのは実にたいへんなことです。

痛みを通して無理をしていた自分に気づいて、本当の自分に戻る。無理せずに等身大の自分で生きるということに気づいて、私の激しい痛みは消えていきました。私は自分の人生が嫌いで自分を許せないという強い思いがたくさんありました。でも自分をゆるすことは自分ではできない。これまでの自分も、今の自分もそのままで受け入れるというところから脳が泣きやんで行ったのです。

間質性膀胱炎という病気は難病と言われています。膀胱の中に器質的な損傷や変化が認められ、痛みの原因になっている、という病気ではありますが、原因不明のまま病名だけをつけられてしまうケースが多くあるのです。本当に痛みの原因は膀胱に存在しているのでしょうか?

 

私自身が間質性膀胱炎という診断を受け、とても苦しんだ経験があります。頻尿、排尿障害、膀胱の違和感、尿道痛、肛門痛、恥骨痛などが慢性的に続き、いくつもの病院で検査を繰り返しました。重大な病気が潜んでいるかもしれないという不安を抱きながら病院へ通いました。

 

この病気で苦しんでおられるすべての方にお伝えしたいメッセージがあります。

 

これは必ず治る病気です。私自身もこの病気で長く苦しみましたが、完全に克服することができました。このサイトには恐らく、病院で聞いてきたこれまでの情報とは違うことがたくさん書いてあると思います。ぜひ、最後まで読んでみてください。必ずヒントがあると思います。病気は学問だけでは解明できません。また、治療に携わっているだけでも見えてくるのは一部です。病気はなった人にしかわからないのです。私は闘病中、病気のことを理解してくれる人が存在しないことに驚きました。また、根本的にどのように治していけばよいか、アドバイスをくれる治療師はいましたが結果的に改善はしませんでした。私は苦しみを乗り越えて、自分の体と心を治していくために本当は何が必要なのか、何をしてはいけないのかを見つけることができたのです。

 

それがすべての方に当てはまるとは思っていません。しかし私以外にも同じ方法を実践することで間質性膀胱炎を克服している人が多くいます。

 

私の情報が一人でも多くの方のお役に立ち、病気を克服するきっかけとしていただけることが第一の目的です。実際に病気を治して行くプロセスにおいて、様々な角度からアドバイスを差し上げる必要があり、ここに載せる情報はあくまでも基本的な内容になることをお許しください。このサイトをご覧になって、何か感じることがありましたら遠慮なくお問い合わせ下さい。私がお伝えできることはまだまだ先があります。現在がどのような状態であったとしても、そこから状態を改善し、浮上させていくことは不可能ではないのです。

 

もちろん早急に現代医療の治療が必要な方もいると思います。そのようなケースに対して自然療法を過信することも私は致しません。病院へ行った方がいいケースについては、そのようにアドバイス差し上げ、並行して自然療法を行うことで、薬の効果を高め、副作用を減らし、自然治癒力によって病気を克服する最善の方法をアドバイス差し上げています。

 

病院での治療を行っても再発を繰り返し、悪化していると思われている方はぜひ、私のお勧めする自然療法をお試しください。病院での治療を継続するもしないも自由です。

 

間質性膀胱炎の方は精神的に余裕があるとは言えません。実際に痛みや違和感が常に消えないと精神的に疲弊してしまい、体力も奪われます。一刻も早く原因を解明し楽になりたいと情報を集め、病院を巡ることになります。しかし情報を集めれば集めるほど不安になり、検査を繰り返すたびに混乱していく人が多いのです。これから病院で検査をする予定の方は深刻な病が潜んでいないということがわかった段階で検査を止めることをお勧めします。多くの方が検査を繰り返し、結果的に疲弊し精神的に追いつめられることを体験してしまうからです。間質性膀胱炎と診断されるまでにいくつも検査を受けることになります。場合によっては薬物療法による経過観察を経て、内視鏡による検査を繰り返す人もいて、その期間は大きな不安で過ごすことになります。

 

検査をどこまでするか、これは実に難しい問題です。そして薬物療法や手術などの病院治療をどこまでするべきなのか、答えはないと言ってよいかと思います。ですから私の実体験を参考にしてみてください。そして現在、私の療法院に間質性膀胱炎として通院されている方々の例も載せていきますので参考にしてみてください。

 

まずは自己紹介をさせていただきます。

私は民間療法のセラピストです。まず初めに私がヒーリングの仕事に就いた経緯について少し触れさせてください。

 

大学を出て間もないころ、民間療法、自然療法に興味を持ち、カイロプラクティックと気功を融合した技術を教えてくれる学校に2年間通い、その後施術者として働く一方、その学校のインストラクター(講師)として後進の指導にあたりました。この学校は100名以上の卒業生を出していて、現在も形を変え存続されています。約10年間、施術者と講師としてヒーリングの仕事に就いていましたが、30代半ばでヒーリングの仕事を離れ、一般企業に転職しました。

 

その後、情報サービス、マーケティングリサーチなどを手掛ける上場会社で役員も務めさせていただきました。

 

私が現在、民間療法(セラピスト)の仕事に戻って来たのには大きな理由があります。それは数年に渡り、闘病という地獄を見たからです。

 

私が体験した闘病はとてもつらいものでした。文字通り地獄でした。

 

間質性膀胱炎は私の病気のすべてではありませんでした。

最初に出た症状は疲れやすい、落ち込みやすい、怒りっぽいなどの精神的な不調、自律神経の不調でした。すぐに胃腸に不調が出て、検査を行いましたが異常はありませんでした。

 

自分でも気がつかないうちに精神的な不調は進行していました。どうしてもやる気がでない、悲観的になってしまう、笑えなくなる、人と接するのがおっくうになる、など。そして眠りが浅くなり、疲労感が強くなりました。

 

ある時、首に痛みが続き、治療を続けましたが治りません。耳鳴り、耳閉感、頭痛が緊張と共に現れました。そして、電車や飛行機の中での息苦しさ、頭痛などが気になりだした頃、頻尿、膀胱の違和感で悩まされました。

 

すぐに泌尿器科で見てもらいましたが異常は出ませんでした。そのうち性器やその周りに痛みや違和感が発生し、悪い病気に掛かってしまったという不安に襲われました。あらゆる検査を繰り返しましたが異常は出ません。どこかの検査が終わると、まるで次に痛みがでるところ、違和感がでるところを探しているかのように不調が移動し、また検査を繰り返すのです。

 

不調は体の至る所に感じましたが、膀胱近辺が一番気になり、泌尿器科を渡り歩きました。そしてある病院で「一生治らない」と告げられ、私の精神的な糸がぶちっと切れてしまい、パニック発作が出てしまったのです。

 

このころの私は精神的にかなりダメージがあり、家から出られなくなり、次第に寝たきり状態にまで落ち込んでいきました。体力はどんどん衰え、とんでもない病魔に憑りつかれてしまったという不安で自分を苦しめました。自分に対する怒り、病気になってしまった後悔、未来に対する不安などがひっきりなしに自分を苦しめ、自分は死ぬべきだと本気で思い、それを必死に留める日々を繰り返したのです。よく「自殺しようと思った」と言う人がいますが、そのような軽いものではなく、常に自殺しようとする自分がいて、怖くて外も歩けないのです。まさに気が狂う寸前まで行ったのです。それと同時に間質性膀胱炎と思われる症状は続きましたが、精神的につらくなるに連れて症状も悪化してしまったのです。

 

このような状態が半年ほど続きました。家族もたいへん苦しみました。これほどの苦しみがこの世の他にあるのかと真剣に思いました。私の例で言えば、複数の医療機関を自分のあせりから訪ね歩き、薬を乱用することで深刻な病に発展させてしまいました。そして一部の心無い医師の言葉によって絶望し、精神も病み、症状も悪化させてしまいました。私のような状態にまで行くと東洋医学の治療でも効果は感じることができませんでした。食事療法も複数のアドバイスを受け、できる限り行いましたが浮上のきっかけにはなり得ませんでした。運動も必死に行いました。以前からやっていたヨガ、呼吸法、瞑想、気功をできる限り行いましたが、悪化を止めることはできませんでした。(私が未熟なためでもあります)

 

それでも私は諦めませんでした。必ず治る道があるはずだ、と探し続けました。

 

生命エネルギーが枯渇してしまい、ほとんど寝たきり状態にまで陥りましたが、そこから私は奇跡的とも言える回復を見せたのです。私の当時を知る人は本当に奇跡のようだと言います。それほど短期間で回復することに成功したのです。

 

現在、あなたが心や体の不調で、どうしたらよいかわからず、このサイトに行きついていたとしたら、自然治癒力の真の力に気づいてほしいのです。自分を助けられるのは自分しかいません。病院に頼らなくても必ず治る病気なのです。

 

自然治癒力を高めるということを謳っている民間療法はいくつもあります。私も縋るように通いました。気功やその他の自然療法をいくつも受けましたが、自然治癒力を高めるために本当に必要なことはなかなか見つけることができません。私自身、自分の直感を頼りに自分の体に起きていた不調の真の原因にたどり着くことで、本当に必要な治療を見つけることができたのです。そして体が求めていることにピンポイントで行きつくとそこから自然治癒力が蘇ってくるのです。

 

何が原因で病気になったのか、そこを見誤ってはいけません。見ようとしないこともいけません。

 

そして自分ではわからないと思う方は最後まで私の記事をぜひ読んでみてください。もしかしたら私も同じかもしれない、と思うだけでいいのです。私がお勧めする療法は決して危険はありません。副作用もありません。あらゆる治療と並行して行えるものです。ただ、ほとんどの方がその事実に気づいていません。ヒントを探すことも難しいかもしれません。それは一般的に治療の常識が偏って伝えられているからです。自然療法は文字通り自然の力を頂いて治すという療法です。そんなもので治るなら病院はいらない、と思う方もいると思います。私はそのような方にわかってもらいたいとは全く思っていません。人間は自然によって生かされ、思い上がった不自然な生活を続けることで病気になるのです。本当に深刻な状態に陥って初めて自然の偉大さがわかり、心を入れかえることができるのだと思います。私がその通りでした。

 

自然の力と言っても大自然の中で気功やヨガを行うだけでは難病を克服することはできません。もっと具体的に確実な方法が必要なのです。そしてその療法は自然の中に行かなくても行うことができるのです。

 

私がお伝えしたいのは特殊な療法や奇跡を謳ったヒーリングなどではありません。間質性膀胱炎の真の原因を改善する自然療法であり、それは食事療法と運動療法そして光線療法というものです。

 

私がお勧めする自然療法の中で真っ先にお勧めしたいのが光線療法です。太陽光を人工的に照射するこの療法は数多くの慢性病を救ってきた例が古くからあるのです。そして間質性膀胱炎の原因を改善することにマッチします。そこに正しい食事療法の実践、そしてある程度の回復を見てから行う運動療法(呼吸法も含む)の実践により、かなりの確率で改善が見込めるのです。

 

 

またマッサージは自律神経、ホルモン分泌、血流にいい影響を与える可能性が高くあります。病気よってやり方が大事になりますが、人の手を介して受けるリラックスやエネルギーの共鳴、物理的な作用などが症状を緩和し、体調を回復していく助けになります。

 

なぜ、病気になったのか?あなたは不幸が来たとしか思っていないかもしれません。しかし、すべてに意味があるように病気になったのも意味があるのです。どんなに悪いと思われることでも、同時に素晴らしいことも起きています。それに気づくかどうかが大切なのです。病気に正面から向き合い、病気の正体を掴めば、必ず状態は好転します。そしてそれを克服することによって自分が変わるのです。

 

 

 

 

 

PROFILE

筆者紹介

小池 秀効

小池 秀効 [ Shuko Koike ]

今現在、さまざまな病気で苦しみ、ようやくの思いで命をつないでいる方に、自分の持つ自然治癒力を信じ、必ず良くなるという強い気持ちで、治癒への道を歩んで頂きたい。その一念で、光線療法院けろぴーは始まりました。

光 線療法とは、太陽光線を人工的に作り出す光線機によって天候、季節を問わず太陽光を浴びることで、人体の自然治癒力を最大限に高める療法です。私自身が、 この光線機のおかげで絶望の淵から蘇ることができました。病状によって一人一人たどる道は異なっていても、自らの経験を通し一人でも多くの方のお役に立つ ことができれば、と心から願っています。

「光線療法院 けろぴー」代表、光線療法師、回復トレーナー

私自身が、絶望の淵から蘇ることができました。病状によって一人一人たどる道は異なっていても、自らの経験を通し一人でも多くの方のお役に立つことができれば、と心から願っています。小池奈美(女性療法士)が女性の方はお世話いたします。

光線療法院 けろぴー

光線療法院 けろぴー [ 田園調布 ]

「光線療法院 けろぴー」へのアクセスはとっても簡単。東急東横線/東急目黒線 「田園調布駅」東口を出て、右手に見える田園調布商店街の坂をまっすぐ下ったその先にあります。閑静な住宅街でリラックスしながら光線治療が受けれます。

ホームページ:http://keropi.tokyo

住所:〒145-0071 東京都大田区田園調布2-47-13(地図:Google Map) / TEL:080-5185-5100

BLOG

克服・体験記 / 筆者の想い

  • 2018年05月18日
    間質性膀胱炎と紫外線

    紫外線が強く感じる季節になってきました。

     

    東京ではすでに夏が来たかのような日差しが降り注いでいます。

     

    真夏になれば外に出ることも苦痛に感じるほど暑いので今はまだ初夏なのでしょうが、ついこの間まで肌寒い日を感じていたのがうそのように思います。

     

    これから暑い日が続きます。体調管理に気を配り、夏バテ、熱中症にならないようお気をつけください。続きを読む]

  • 2018年05月10日
    間質性膀胱炎と血流

    間質性膀胱炎の患者さんは血流を上げないようにというアドバイスをされる病院があるようです。

     

    免疫システムの異常によって起きているので血流を上げると悪化するということと患者さんから聞いたことがあります。

     

    私のお勧めする光線療法は血流を徹底的に高めます。それによって体の中に溜まっていた毒素を排出し、血流不足によって起きていた骨盤内の不調や脳の不調、自律神経の不調を改善するという内容 ... [続きを読む]

  • 2018年03月27日
    膀胱の不調が完治した体験記

    先日、東海地区にお住いの方からうれしいメールをいただきましたので、ここで紹介させていただきます。

     

    残尿感、頻尿がひどくなり、膀胱炎かと思われる症状が治らない、不安になってネットで調べると間質性膀胱炎の症状に似ている。それで不安になり、ネットで色々調べているうちに、けろぴーのサイトを見つけ、問い合わせがきました。

     

    通院するには遠すぎるため、光線療法を受けられる施設を近所で探すこ ... [続きを読む]

  • 2017年09月02日
    自律神経を整える食事

    自律神経が崩れると様々な不定愁訴が現れます。腸過敏症、膀胱過敏症、めまい、ふらつき、疲労感、不眠症、うつ病、パニック症、慢性痛など様々な体調不良と自律神経の不調は関係があります。

     

    私は医者ではありませんが、様々な健康法の実践と自分自身の闘病、そしてヒーラーとして多くの方の体調不良と接する経験から自律神経について理解を深めていきました。

     

    自律神経を調えれば体と心の不調は消えるの ... [続きを読む]

  • 2016年10月01日
    膀胱炎と大腸憩室炎

    先日テレビの健康医学番組で興味深い内容がありました。長年膀胱炎で苦しまれている方のお話でした。

     

    10年以上原因がわからず膀胱の違和感で苦しまれている女性の方で、抗生物質を長年飲まれているとのこと。私は抗生物質を長年摂取することのリスクがすぐに気になりましたが、その方は薬を飲んでいる期間は症状が収まるとのこと。そして薬が切れるとまた違和感が現れるとのことです。

     

    抗生剤が効くとす ... [続きを読む]

CONTACT

お問い合わせ

当サイトの運営元「光線療法院 けろぴー」へのお問い合わせはこちらから