はじめに

For cases

間質性膀胱炎の原因

慢性痛の原因はほとんどの場合、患部には問題がなく、脳の誤作動によって痛みを出していると考えられます。私自身の深刻な神経痛は脳の神経伝達が正常になるに連れてうそのように痛みが消えて行きました。

私自身、患部に問題がないとは到底考えられませんでした。確かに痛みは患部から感じます。脳はそれに対してもっと悪化するのではないかという恐怖を生み出します。本来は脳の誤作動で痛みが起こっているのですが、脳に振り回される格好になり、生活の質が著しく落ちることになります。

脳の誤作動で起きるというのは医学的にも認められています。私と同じように深刻な慢性痛から健康な状態に戻った人もたくさんいて、痛みが消えてしまえばそれが脳によって作り出された幻のようなものであることが理解できるのですが、その最中にいる人にはなかなかそれが信じることができません。なぜなら脳が痛みを感じる仕組みを自分自身が何度も上書きを繰り返し、より強い癖として刷り込んでいってしまうからです。

これは脳のトリックと言えるかもしれません。本来は痛みを感じるほどの損傷などないのに痛みを通して深刻なことが起きていると刷り込まれていくのです。自分の脳ですから脳から出る信号はすべて自分だと信じるのが当たり前です。それに対して否定することは正しいことのようには思えません。つまり、脳の誤作動による不健康な情報を真実として疑うこともなく思い込んでいるのです。

ではなぜ、脳の誤作動が生じたのでしょうか?これは人によって理由は様々です。ストレスの問題がほとんどすべてと思われる人、生活習慣、特に体内リズムが狂ってしまった人、極度の疲労が原因の人、薬害による影響が大きい人、食習慣の影響が大きい人などです。そしてほとんどの場合、これらの原因が複数重なって脳へのストレスが高まり、脳が最悪の事態を回避するために誤作動を起こすのです。脳へのストレスが高まると全身のホルモンバランスも影響が出ます。これによって様々な病気が生まれるのです。自律神経失調症のような症状、冷え性なども並行して現れます。これらについては少しずつ進行しますので自分ではわからないかもしれません。しかし気が付けば深刻な健康状態になります。しかもこれは序章でしかありません。なぜならこれらの異常から様々な病気に発展してしまうリスクが高まるからです。

このように書くのは解決策も持っているからです。ただマイナスの情報を発信したいのではありません。これらの症状は必ず治すことができます。

現在痛みとして現れているだけの方は幸せだと思います。痛みがでたことによって根本的に体について健康について見直すことができるからです。ある時、重病が発覚するというのでは手遅れです。今だから健康を取り戻すことができるのです。痛みとして教えてくれた脳へ感謝です。

脳は実に神秘に満ちています。私たちの意識では脳の機能の10%も使うことができていないと言われています。それだけ可能性に満ち、本来潜在的な力を持った脳だからこそ、時として制御不能に陥ることがあるのです。誰でも自分自身の潜在能力に触れた経験があると思います。ものすごく集中した時や、緊張感がピークを越えた時や、誰かのために必死になった時など、なんでもできるような自分に出会ったことはないですか?しかし、あれこれ考えているうちにまた自分で作り上げた限界の中に戻ってしまう。脳はいつでも自分と共にありますが、誰でもが使いきれていません。それは自分の思考や意識が邪魔してしまうからです。

そのため、仏教では座禅をすることで無という状態を目指し、ヨガでは瞑想をすることでそれと同じような状態を目指したのだと思います。

あまりにも高性能で微細なバランスでできた脳は時として自分の意識では制御できない状態になってしまいます。しかしこれは病気ではありません。ただの誤作動です。

脳は時として誤った情報を体に投げかけてくるということがあるのです。その誤った情報と同化することで不幸が生まれます。最初は小さな情報だったのが、自分の意志の力で大きな情報に強化していくことで痛みが増幅し、より複雑化し、難病として作り上げてしまうのです。これは慢性痛だけに言えることではありません。免疫の異常、脳神経の異常などとして現れることもあるため、うつ病や認知症、パーキンソン氏病、膠原病、ガンなどを作り上げていく原因にもなりうると私は思います。

すごく大切なのは誤作動を起こしている脳に気づき、認め、同化しないという意志を明確にし、同時に脳の誤作動を正常に戻していくことなのです。脳の誤作動と同化しないことができたら痛みは消えていきます。

脳の誤作動を冷静に認められると深刻にならなくなります。そうすると少しづつ脳の誤作動が落ち着いてくるのです。痛みを客観視できるようになることで痛みをコントロールできるきっかけが生まれたと思います。

脳が誤作動を起こしていた原因にアプローチできれば、驚くほど速く痛みが消滅していきます。それは脳が痛みを出すほどに誤作動を起こしてしまった原因、心の問題に気づくことです。

ここで、大切なことを書きます。この段階を試みる場合、あることを同時に行う必要があります。それは脳への血流を促す行為です。

これをやらずに心の問題のみを掘り下げようとすると時間が掛かるだけではなく、さらにこんがらがってしまうこともあります。なぜなら心の問題が生じると同時に血流の悪化が生まれ、それにより誤作動が生まれますので、血流を促さなければいくら心の問題を見つめようとしても脳が働いてくれません。どうしてもネガティブになり、過敏になってしまうのです。脳への血流を促す行為と心の問題へのアプローチは同時に行うべき、これが私が闘病の中で得た極意です。言い方を変えれば脳の血流がよくなれば心の問題も別の角度から見ることができるようになり、消化しやすくなります。本来自分の性格だと思っていた悪い部分は脳の血流が悪くなることによって必要な脳内神経伝達ができなくなり起こっていたのですから、それを問題視することは間違いです。

ストレスというか心の傷というものは繊細に取り扱わなくてはならないものです。扱い方を誤ると苦しくなっていきます。それほど複雑なものがあると私は思っています。そしてそれが痛みの原因になっているということはまず間違いありません。私の場合、脳の神経伝達が悪化するに連れて、悪い部分が浮き彫りになってきました。例えば怒りっぽくなる、失敗するのではないかという不安が強く出るなどでした。

周りにそれを指摘され、考え方を治せばよくなると言われました。そのうち心が変わらないと病気もよくならないと言われました。そして私は自分の中にある潜在意識を見つめてしまい、深刻な精神疾患を進行させ痛みを増幅させてしまいました。そうなると心理学ではお手上げです。

ここでは書ききれませんが、私は自分の体験を通して、慢性痛を強く発症している心の状態について深く学ぶことができました。幼少期に受けた両親からの影響についても深く関連があると思います。しかしそれを思い起こしても解決はしません。記憶を呼び戻しても消化することはできません。それよりも今の自分にアプローチすることの方が重要です。

かならず痛みは消えていきます。角度さえ合えば痛みは去っていくのです。私は自分しか頼れる人がいない中で、散々アプローチを誤り、どん底まで落ちたところで、やっと自分の脳が訴えていたことに気づき、その角度に焦点を当て続けることでうそのように痛みが消えていったという経験をしました。それは現在私のところへ来られる同じように痛みで苦しまれる人にも効果を発揮しています。

間質性膀胱炎と自然療法

私は以前、深刻な慢性痛に苦しみました。薬物療法ではまったく改善せず、さらに薬害で悪化していくように思われ、東洋医学や様々な療法に活路を見出したものの改善は見られず、肉体的にも精神的にどん底まで落ち、そしてそこから完全に治ったのです。

複数の病院で一生治らないかもしれない、と言われました。脳の誤作動が痛みを発症させていると説明してくれた医者もいましたが、それを治すことはできないと言われました。そして今の医学では抗うつ薬か抗不安薬でごまかしていくしかないと言われました。

恐ろしくなっていろいろとネットで検索すると、確かに深刻な病気なようでした。何年も治っていない人が多く、その苦しみを伝えるブログを読むと気持ちが一気に落ち込みました。これはとんでもない病魔に憑かれてしまったと恐怖を感じました。

当時寝ても覚めても辛かった私は、自分でいろいろと試しました。とにかく知り合いを通じてあらゆる情報を集めて、よいと思われることはすべて試しましたが改善はしませんでした。それどころか精神的にどんどん悪化してしまい、重度のうつ病、パニック障害を発症してしまいました。

あなたの場合、完全に精神的に病んでしまっているから痛みが出ているので、薬治療しかない、と診断され、薬はどんどん増えていきました。その結果、仕事どころか日常生活にまで支障が出てしまい、廃人寸前まで行ってしまったのです。

しかし、そんなところから完全に治ることができたのです。これはあくまでも個人的な体験記でしかありません。すべての人に当てはまるとは限りません。しかし、私の本意はこの病気の苦しみを誰よりも知っているからこそ、少しでも力になりたいという一心なのです。

食べ物については、脳によいものを心がけてみてください。セロトニンを作るたんぱく質は納豆が適しているという情報を聞いて私は納豆をたくさん食べました。神経伝達の元になるのはカルシウムですから、カルシウムの多い食品を多く摂ってください。海草、小魚、大豆などです。桑の葉茶もカルシウムが多く含まれています。私は毎日飲みました。

また、緑茶はうつ病によいというデータがあります。それは脳内神経の働きを改善してくれる可能性があることからだと思われます。私は実感として緑茶はとても有効だと思います。最低でも一日2杯は飲んでみてください。

そして何よりも体を温めることが有効です。それは体を冷やさないようにするということでもあります。温浴も疲れない程度に取り入れましょう。できる人は有酸素運動を多くやることです。必ず体温が上がってくる上に血液循環が高まりますから、大変有効です。痛みが消えなくても歩き続ければ必ずよい方向へ行きます。

体を冷やす食べ物は控えるようにしましょう。砂糖、肉類、アルコール、添加物の多い食事などです。菜食にする必要はないと思いますが、体を温める食事を意識してみてください。但し、完璧でなくても構いません。事実私はそれほど完璧ではありませんでした。

発酵食品はいい方向に導いてくれると思います。乳酸菌のある食品がよいのです。ぬか漬けやキムチ、甘酒などもよいと思います。

必要のない薬はできるだけ少なくしていきましょう。薬により腸内環境が悪くなります。それが痛みにつながっている可能性は高いのです。腸内の善玉菌が死んでしまえば免疫に影響が出て、ホルモンバランスも崩れます。それは同時にうつ病へのリスクを高めるのです。慢性痛はうつ病と同じ仕組みで起きると考えられます。そのためには腸内環境を良くすることが不可欠なのです。

その他、万田酵素のような食品、ノニジュースもよい方向に導いてくれる可能性があります。

できる人は呼吸法をしましょう。吐いて吸ってを一回の呼吸として、10回を一日に3セットで効果が出ます。セロトニン呼吸法という本も出ていますが、これは腹式呼吸により循環がよくなるのと、セロトニンを作る効果があることが知られています。私はヨガを約30年やっていますので、呼吸法は毎日続けていましたが、実は本当につらかったときはできませんでした。やると痛かったのです。たまに無理をしてやると後でダメージが出ました。ですからできないということもあり得るのですが、できる人はどんどんやってみてほしいと思います。確実に効果が出ます。

呼吸法で治らない病気はないと豪語する人もいるほどです。セロトニンが不足して痛みが出ていると考える医師もいます。私もそう思います。少し調子が悪いと思った時は呼吸法がまたよい方向へ導いてくれます。

やり方は簡単です。まず息を吐きます。お腹から吐ききるようにします。お腹が減っこんでくるようにできたら正解です。最初できなくてもすぐにできるようになります。このとき鼻から吐いてください。鼻からが基本です。

次に吸います。お腹を少しづつふくらませるように吸っていきます。お腹と言っても下腹を意識してください。いわゆる丹田と言われるところです。吸うのも鼻からです。ここで口から吸うとセロトニンは作られません。息を吸ったら自然に吐く息に切り替えます。この繰り返しです。

呼吸は深くゆっくりです。これを心がけましょう。セロトニンを作る呼吸は音が出ないほどのゆっくりとした呼吸が効果的です。音を出す力強い呼吸もする時はあるのですが、ここではゆっくり行います。吸ってから吐くまでの切り替えの時に慣れてきたら少し息を止めます。2~3秒です。この時にエネルギーが入ってきたとイメージしてみてください。但し、これはしなくても大丈夫です。吸う息より吐く息の方が長くなります。吐く息は10秒を目指しましよう。最初は5秒から始めて、少しづつ長くしていけば必ずどなたでもできます。一日1セットでもいいですから毎日やれた自分をほめてあげることが大切です。そうしていると習慣になってきます。

どのような姿勢でするかも大切です。背筋を伸ばして行います。立っていても座っていてもいいのですが、背筋だけは丸めないようにしてください。座るのは椅子でもいいですし、正座でもあぐらでも座禅でもいいです。

やり始めると座禅と同じでと雑念が出てくると思います。これは潜在意識がきれいになっていく現象です。ですから雑念をそのまま流していけばどんどん潜在意識がきれいになっていくのでいいのですが、それがなかなかできないと思いますので、そんなときには数を数えるのが効果的です。吐いて「ひと~」、吸って「つ~」。次は「ふた~」「つー」こんな感じです。

呼吸法は確かに有効ですが、先ほど言ったように私は一番つらい時痛くてできませんでした。ですからしなくても治るのです。食事も完璧でなくても治ります。有酸素運動も体力が無くてほとんどできませんでした。それでもできる限りやりました。ですからそれらを苦なくできる方は、私より早くよい方向に行くと思います。

そしてとても大切なのが日光浴です。日光浴の効果は決してあなどってはいけません。私は治ってから太陽のありがたさがしみじみわかりました。毎日の日光浴は必ずよい方向へ導いてくれます。最も効果的なのは朝日です。早起きをすることで体内リズムも戻ってきます。外をウオーキングして、朝日を浴びながら呼吸法をしてみてください。数か月もすればすっかり体調が変わってくると思います。

痛みがひどい人は患部の血流が悪くなっている可能性があります。その場合屋内であれば、なるべくガラス越しではなく直接患部に日光を当ててみましょう。肛門などは普段、日光を当てることはほとんどありません。しかし、人間の体には光レセプターとなっているところが目以外にもあり、実は肛門付近は効果的なのです。これはやってみればわかります。それにより、脳への刺激が起き、脳内神経伝達によい効果が期待できるのです。

実際に私は本能的にそれが効果的であると思い、ベランダで裸になり、肛門付近をよく太陽に当てていました。

とはいうものの、これから冬に入るので外気によって冷えないようにする必要があります。やはり日光浴にちょうどいい季節は春から初夏なのです。そこで、いつでも理想的な日光浴ができる光線療法が実にいいのです。光線療法は光が柔らかいため、長時間の照射を全身にすることができます。冷えが深刻な体には、ある程度長時間が必要なのです。照射を長時間受けている時に温かくてうとうとしてしまうことがありますが、実はこれがとてもホルモンの分泌をよくしてくれるのです。

最後はストレスの問題です。痛みには必ずストレスの問題が潜んでいます。今回はこれについては書きませんのでぜひ過去のブログを読んでいただきたと思います。そしてぜひ当院へ一度ご来院ください。直接お話しすることで気持ちが楽になっていくと思いますよ。

間質性膀胱炎と断食

慢性前立腺炎に関わらず、あらゆる慢性病に断食は有効です。

断食により、体質を変えることができるからです。慢性病の原因はいくつかありますが、体内に蓄積した老廃物により、血液の汚れがひどくなり、内臓が疲れ、自律神経やホルモンのバランスが崩れてしまっているのです。

断食により血液の汚れをきれにし、内臓の働きを活発に蘇らすことができます。すると自律神経やホルモンのバランスは自然に整うのです。

慢性痛を治したかったら、まずは内側からです。そして元気が戻ってきたところで運動療法やその他の療法を組み入れ、生命寮を蘇らせていくのです。

薬や医療に頼るだけでは慢性病は治りません。事実、何十年も治らずに苦しんでいる人がたくさんいるのです。その方がに共通しているのは、自分の健康を医者任せにしていることです。医者はすべて正しいとは限りません。悪意が無くても、偏った知識により間違った指導をしていることがあるのです。

断食にはいろんなやり方があります。ここでは詳しく書くことはできません。

もし、興味がある場合は、その他の自然療法を合わせてご指導させていただいておりますので、ぜひお問い合わせください。

間質性膀胱炎 東京

間質性膀胱炎やその他の慢性痛で長年苦しんでおられる方が当院にはよくいらっしゃいます。

 

当院は東京大田区田園調布にあるセラピールームです。自然療法により自然治癒力を蘇らせることを目的に施術を行います。

 

病気になったのには理由があります。その原因を知り、病気を克服していくのは患者さん本人です。本質的には誰も助けることはできません。自分で治すという原点に気づいた時、信じられないくらい強い自然治癒力が蘇るのです。

 

自然治癒力で治せない病気はないのです。その力を信じようとせず、病院に頼ってしまうから長年慢性病と付き合わなくてはならなくなるのです。薬で治る病気はありません。その時の症状を抑えるだけです。反対に自然治癒力、生命寮はどんどん低下していっているのです。

 

生命力を高める方法はたくさんあります。当院ではあらゆる角度から病気を克服するお手伝いをさせていただきます。どの方角に進めばよいのか、今、何をするべきかがわかれば、自分の力で治すことができるのです。

 

そのためにはカウンセリングにより痛みや不安の正体をつかみ、消化していくことが大切です。それを行いやすくするために全身の血流を促し、ホルモンや自律神経のバランスを調える施術を行います。具体的にはヒーリングマッサージや光線療法による治療です。

 

私のマッサージは全身を基本的に行いますが、人によっては足部を重点的に行ったり、頭や頸部、背中や腹部などを重点的に行うこともあります。慢性痛で苦しんでおられる方は自分でもわからないほど実は体が緊張しています。特に脳が緊張しています。言い方を変えれば精神的に疲れているのです。リラックスをしたくてもできない状態が続いていませんか?緊張が取れて、体がゆるむと脳内ホルモンの分泌が正常になってきます。この時自律神経のバランスや強度の冷え性などが改善されていることを感じるでしょう。

 

光線療法については当ホームページをご覧ください。

間質性膀胱炎は治らない病気ではありません。事実、快方に向かっている人がたくさんおられます。お気軽にご相談ください。

間質性膀胱炎という病気は難病と言われています。膀胱の中に器質的な損傷や変化が認められ、痛みの原因になっている、という病気ではありますが、原因不明のまま病名だけをつけられてしまうケースが多くあるのです。本当に痛みの原因は膀胱に存在しているのでしょうか?

 

私自身が間質性膀胱炎という診断を受け、とても苦しんだ経験があります。頻尿、排尿障害、膀胱の違和感、尿道痛、肛門痛、恥骨痛などが慢性的に続き、いくつもの病院で検査を繰り返しました。重大な病気が潜んでいるかもしれないという不安を抱きながら病院へ通いました。

 

この病気で苦しんでおられるすべての方にお伝えしたいメッセージがあります。

 

これは必ず治る病気です。私自身もこの病気で長く苦しみましたが、完全に克服することができました。このサイトには恐らく、病院で聞いてきたこれまでの情報とは違うことがたくさん書いてあると思います。ぜひ、最後まで読んでみてください。必ずヒントがあると思います。病気は学問だけでは解明できません。また、治療に携わっているだけでも見えてくるのは一部です。病気はなった人にしかわからないのです。私は闘病中、病気のことを理解してくれる人が存在しないことに驚きました。また、根本的にどのように治していけばよいか、アドバイスをくれる治療師はいましたが結果的に改善はしませんでした。私は苦しみを乗り越えて、自分の体と心を治していくために本当は何が必要なのか、何をしてはいけないのかを見つけることができたのです。

 

それがすべての方に当てはまるとは思っていません。しかし私以外にも同じ方法を実践することで間質性膀胱炎を克服している人が多くいます。

 

私の情報が一人でも多くの方のお役に立ち、病気を克服するきっかけとしていただけることが第一の目的です。実際に病気を治して行くプロセスにおいて、様々な角度からアドバイスを差し上げる必要があり、ここに載せる情報はあくまでも基本的な内容になることをお許しください。このサイトをご覧になって、何か感じることがありましたら遠慮なくお問い合わせ下さい。私がお伝えできることはまだまだ先があります。現在がどのような状態であったとしても、そこから状態を改善し、浮上させていくことは不可能ではないのです。

 

もちろん早急に現代医療の治療が必要な方もいると思います。そのようなケースに対して自然療法を過信することも私は致しません。病院へ行った方がいいケースについては、そのようにアドバイス差し上げ、並行して自然療法を行うことで、薬の効果を高め、副作用を減らし、自然治癒力によって病気を克服する最善の方法をアドバイス差し上げています。

 

病院での治療を行っても再発を繰り返し、悪化していると思われている方はぜひ、私のお勧めする自然療法をお試しください。病院での治療を継続するもしないも自由です。

 

間質性膀胱炎の方は精神的に余裕があるとは言えません。実際に痛みや違和感が常に消えないと精神的に疲弊してしまい、体力も奪われます。一刻も早く原因を解明し楽になりたいと情報を集め、病院を巡ることになります。しかし情報を集めれば集めるほど不安になり、検査を繰り返すたびに混乱していく人が多いのです。これから病院で検査をする予定の方は深刻な病が潜んでいないということがわかった段階で検査を止めることをお勧めします。多くの方が検査を繰り返し、結果的に疲弊し精神的に追いつめられることを体験してしまうからです。間質性膀胱炎と診断されるまでにいくつも検査を受けることになります。場合によっては薬物療法による経過観察を経て、内視鏡による検査を繰り返す人もいて、その期間は大きな不安で過ごすことになります。

 

検査をどこまでするか、これは実に難しい問題です。そして薬物療法や手術などの病院治療をどこまでするべきなのか、答えはないと言ってよいかと思います。ですから私の実体験を参考にしてみてください。そして現在、私の療法院に間質性膀胱炎として通院されている方々の例も載せていきますので参考にしてみてください。

 

まずは自己紹介をさせていただきます。

私は民間療法のセラピストです。まず初めに私がヒーリングの仕事に就いた経緯について少し触れさせてください。

 

大学を出て間もないころ、民間療法、自然療法に興味を持ち、カイロプラクティックと気功を融合した技術を教えてくれる学校に2年間通い、その後施術者として働く一方、その学校のインストラクター(講師)として後進の指導にあたりました。この学校は100名以上の卒業生を出していて、現在も形を変え存続されています。約10年間、施術者と講師としてヒーリングの仕事に就いていましたが、30代半ばでヒーリングの仕事を離れ、一般企業に転職しました。

 

その後、情報サービス、マーケティングリサーチなどを手掛ける上場会社で役員も務めさせていただきました。

 

私が現在、民間療法(セラピスト)の仕事に戻って来たのには大きな理由があります。それは数年に渡り、闘病という地獄を見たからです。

 

私が体験した闘病はとてもつらいものでした。文字通り地獄でした。

 

間質性膀胱炎は私の病気のすべてではありませんでした。

最初に出た症状は疲れやすい、落ち込みやすい、怒りっぽいなどの精神的な不調、自律神経の不調でした。すぐに胃腸に不調が出て、検査を行いましたが異常はありませんでした。

 

自分でも気がつかないうちに精神的な不調は進行していました。どうしてもやる気がでない、悲観的になってしまう、笑えなくなる、人と接するのがおっくうになる、など。そして眠りが浅くなり、疲労感が強くなりました。

 

ある時、首に痛みが続き、治療を続けましたが治りません。耳鳴り、耳閉感、頭痛が緊張と共に現れました。そして、電車や飛行機の中での息苦しさ、頭痛などが気になりだした頃、頻尿、膀胱の違和感で悩まされました。

 

すぐに泌尿器科で見てもらいましたが異常は出ませんでした。そのうち性器やその周りに痛みや違和感が発生し、悪い病気に掛かってしまったという不安に襲われました。あらゆる検査を繰り返しましたが異常は出ません。どこかの検査が終わると、まるで次に痛みがでるところ、違和感がでるところを探しているかのように不調が移動し、また検査を繰り返すのです。

 

不調は体の至る所に感じましたが、膀胱近辺が一番気になり、泌尿器科を渡り歩きました。そしてある病院で「一生治らない」と告げられ、私の精神的な糸がぶちっと切れてしまい、パニック発作が出てしまったのです。

 

このころの私は精神的にかなりダメージがあり、家から出られなくなり、次第に寝たきり状態にまで落ち込んでいきました。体力はどんどん衰え、とんでもない病魔に憑りつかれてしまったという不安で自分を苦しめました。自分に対する怒り、病気になってしまった後悔、未来に対する不安などがひっきりなしに自分を苦しめ、自分は死ぬべきだと本気で思い、それを必死に留める日々を繰り返したのです。よく「自殺しようと思った」と言う人がいますが、そのような軽いものではなく、常に自殺しようとする自分がいて、怖くて外も歩けないのです。まさに気が狂う寸前まで行ったのです。それと同時に間質性膀胱炎と思われる症状は続きましたが、精神的につらくなるに連れて症状も悪化してしまったのです。

 

このような状態が半年ほど続きました。家族もたいへん苦しみました。これほどの苦しみがこの世の他にあるのかと真剣に思いました。私の例で言えば、複数の医療機関を自分のあせりから訪ね歩き、薬を乱用することで深刻な病に発展させてしまいました。そして一部の心無い医師の言葉によって絶望し、精神も病み、症状も悪化させてしまいました。私のような状態にまで行くと東洋医学の治療でも効果は感じることができませんでした。食事療法も複数のアドバイスを受け、できる限り行いましたが浮上のきっかけにはなり得ませんでした。運動も必死に行いました。以前からやっていたヨガ、呼吸法、瞑想、気功をできる限り行いましたが、悪化を止めることはできませんでした。(私が未熟なためでもあります)

 

それでも私は諦めませんでした。必ず治る道があるはずだ、と探し続けました。

 

生命エネルギーが枯渇してしまい、ほとんど寝たきり状態にまで陥りましたが、そこから私は奇跡的とも言える回復を見せたのです。私の当時を知る人は本当に奇跡のようだと言います。それほど短期間で回復することに成功したのです。

 

現在、あなたが心や体の不調で、どうしたらよいかわからず、このサイトに行きついていたとしたら、自然治癒力の真の力に気づいてほしいのです。自分を助けられるのは自分しかいません。病院に頼らなくても必ず治る病気なのです。

 

自然治癒力を高めるということを謳っている民間療法はいくつもあります。私も縋るように通いました。気功やその他の自然療法をいくつも受けましたが、自然治癒力を高めるために本当に必要なことはなかなか見つけることができません。私自身、自分の直感を頼りに自分の体に起きていた不調の真の原因にたどり着くことで、本当に必要な治療を見つけることができたのです。そして体が求めていることにピンポイントで行きつくとそこから自然治癒力が蘇ってくるのです。

 

何が原因で病気になったのか、そこを見誤ってはいけません。見ようとしないこともいけません。

 

そして自分ではわからないと思う方は最後まで私の記事をぜひ読んでみてください。もしかしたら私も同じかもしれない、と思うだけでいいのです。私がお勧めする療法は決して危険はありません。副作用もありません。あらゆる治療と並行して行えるものです。ただ、ほとんどの方がその事実に気づいていません。ヒントを探すことも難しいかもしれません。それは一般的に治療の常識が偏って伝えられているからです。自然療法は文字通り自然の力を頂いて治すという療法です。そんなもので治るなら病院はいらない、と思う方もいると思います。私はそのような方にわかってもらいたいとは全く思っていません。人間は自然によって生かされ、思い上がった不自然な生活を続けることで病気になるのです。本当に深刻な状態に陥って初めて自然の偉大さがわかり、心を入れかえることができるのだと思います。私がその通りでした。

 

自然の力と言っても大自然の中で気功やヨガを行うだけでは難病を克服することはできません。もっと具体的に確実な方法が必要なのです。そしてその療法は自然の中に行かなくても行うことができるのです。

 

私がお伝えしたいのは特殊な療法や奇跡を謳ったヒーリングなどではありません。間質性膀胱炎の真の原因を改善する自然療法であり、それは食事療法と運動療法そして光線療法というものです。

 

私がお勧めする自然療法の中で真っ先にお勧めしたいのが光線療法です。太陽光を人工的に照射するこの療法は数多くの慢性病を救ってきた例が古くからあるのです。そして間質性膀胱炎の原因を改善することにマッチします。そこに正しい食事療法の実践、そしてある程度の回復を見てから行う運動療法(呼吸法も含む)の実践により、かなりの確率で改善が見込めるのです。

 

 

またマッサージは自律神経、ホルモン分泌、血流にいい影響を与える可能性が高くあります。病気よってやり方が大事になりますが、人の手を介して受けるリラックスやエネルギーの共鳴、物理的な作用などが症状を緩和し、体調を回復していく助けになります。

 

なぜ、病気になったのか?あなたは不幸が来たとしか思っていないかもしれません。しかし、すべてに意味があるように病気になったのも意味があるのです。どんなに悪いと思われることでも、同時に素晴らしいことも起きています。それに気づくかどうかが大切なのです。病気に正面から向き合い、病気の正体を掴めば、必ず状態は好転します。そしてそれを克服することによって自分が変わるのです。

 

 

 

 

 

PROFILE

筆者紹介

小池 秀効

小池 秀効 [ Shuko Koike ]

今現在、さまざまな病気で苦しみ、ようやくの思いで命をつないでいる方に、自分の持つ自然治癒力を信じ、必ず良くなるという強い気持ちで、治癒への道を歩んで頂きたい。その一念で、光線療法院けろぴーは始まりました。

光 線療法とは、太陽光線を人工的に作り出す光線機によって天候、季節を問わず太陽光を浴びることで、人体の自然治癒力を最大限に高める療法です。私自身が、 この光線機のおかげで絶望の淵から蘇ることができました。病状によって一人一人たどる道は異なっていても、自らの経験を通し一人でも多くの方のお役に立つ ことができれば、と心から願っています。

「光線療法院 けろぴー」代表、光線療法師、回復トレーナー

私自身が、絶望の淵から蘇ることができました。病状によって一人一人たどる道は異なっていても、自らの経験を通し一人でも多くの方のお役に立つことができれば、と心から願っています。小池奈美(女性療法士)が女性の方はお世話いたします。

光線療法院 けろぴー

光線療法院 けろぴー [ 田園調布 ]

「光線療法院 けろぴー」へのアクセスはとっても簡単。東急東横線/東急目黒線 「田園調布駅」東口を出て、右手に見える田園調布商店街の坂をまっすぐ下ったその先にあります。閑静な住宅街でリラックスしながら光線治療が受けれます。

ホームページ:http://keropi.tokyo

住所:〒145-0071 東京都大田区田園調布2-47-13(地図:Google Map) / TEL:080-5185-5100

BLOG

克服・体験記 / 筆者の想い

  • 2018年10月15日
    間質性膀胱炎という病気を恐れない

    間質性膀胱炎と診断された方、もしくは症状を調べているうちに自分もそうかもしれないと不安に思っている方へ、この病気は恐れるものではないということをお伝えいたします。

     

    あくまでも可能性の話にならざるを得ないことをお許しいただいた上で、私の考えをひとつの参考に加えてください。

     

    人間の健康において自律神経というものが大きな関わりを持っているということをご存知でしょうか?最近は自律神経 ... [続きを読む]

  • 2018年05月18日
    間質性膀胱炎と紫外線

    紫外線が強く感じる季節になってきました。

     

    東京ではすでに夏が来たかのような日差しが降り注いでいます。

     

    真夏になれば外に出ることも苦痛に感じるほど暑いので今はまだ初夏なのでしょうが、ついこの間まで肌寒い日を感じていたのがうそのように思います。

     

    これから暑い日が続きます。体調管理に気を配り、夏バテ、熱中症にならないようお気をつけください。続きを読む]

  • 2018年05月10日
    間質性膀胱炎と血流

    間質性膀胱炎の患者さんは血流を上げないようにというアドバイスをされる病院があるようです。

     

    免疫システムの異常によって起きているので血流を上げると悪化するということと患者さんから聞いたことがあります。

     

    私のお勧めする光線療法は血流を徹底的に高めます。それによって体の中に溜まっていた毒素を排出し、血流不足によって起きていた骨盤内の不調や脳の不調、自律神経の不調を改善するという内容 ... [続きを読む]

  • 2018年03月27日
    膀胱の不調が完治した体験記

    先日、東海地区にお住いの方からうれしいメールをいただきましたので、ここで紹介させていただきます。

     

    残尿感、頻尿がひどくなり、膀胱炎かと思われる症状が治らない、不安になってネットで調べると間質性膀胱炎の症状に似ている。それで不安になり、ネットで色々調べているうちに、けろぴーのサイトを見つけ、問い合わせがきました。

     

    通院するには遠すぎるため、光線療法を受けられる施設を近所で探すこ ... [続きを読む]

  • 2017年09月02日
    自律神経を整える食事

    自律神経が崩れると様々な不定愁訴が現れます。腸過敏症、膀胱過敏症、めまい、ふらつき、疲労感、不眠症、うつ病、パニック症、慢性痛など様々な体調不良と自律神経の不調は関係があります。

     

    私は医者ではありませんが、様々な健康法の実践と自分自身の闘病、そしてヒーラーとして多くの方の体調不良と接する経験から自律神経について理解を深めていきました。

     

    自律神経を調えれば体と心の不調は消えるの ... [続きを読む]

CONTACT

お問い合わせ

当サイトの運営元「光線療法院 けろぴー」へのお問い合わせはこちらから